無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[太る?太らない?]夏に食べたくなる「かき氷」の食べ方と選び方

美容

夏に食べたくなるものの1つが、ひんやり冷たいかき氷ですよね!かき氷は食べたいけど、太りたくはない、どのようにしたら太らず食べられるんだろう……と思いませんか?かき氷を食べて太るか太らないかは選択次第です。太らないためのかき氷の選び方を解説します!

かき氷の特徴

かき氷の材料について知ろう

かき氷は氷を削って作りますが、その氷はカロリーがゼロなので、氷だけでは太りません。宇治金時には抹茶と餡、ミルクが乗っていますよね。このようなトッピングでカロリーが高くなってしまいます。サイズ、トッピングなどによってカロリーが異なるので、どのような選択をしたら太らないのか押さえておきましょう。

食べる時の注意点

気になるのはカロリー

太る原因は消費カロリーより摂取カロリーが多くなってしまうことなので、摂取カロリーは低めに抑えておきたいところです。カロリーの表示がある場合は、忘れずチェックできるとよいでしょう。

【管理栄養士が教える】アイスをヘルシーに楽しむコツ2つ

甘さの感じ方に注意

私たちの砂糖の甘さの感じ方は温度で変わります。ぬるくなったジュースなどを飲んだ時、通常よりも甘いと感じたい経験はありませんか?

常温の時は甘さを感じやすいですが、冷たいと甘さを感じにくいのです。冷たいものは甘さを感じやすいよう、砂糖が多く添加されているということを知っておきましょう。

太らない選び方

トッピングの材料から考えよう

トッピング次第でカロリーが増減するので、内容を見ていきましょう。生クリームなどの脂質が多いものは必然的にカロリーが高くなります。

また、餡は小豆と砂糖を煮詰めて作るため水分が少なく、カロリーが高くなります。このことから、脂質の多いものや水分が少ないものは、カロリーが多くなる傾向があります。逆に、脂質が少なくて水分の多いシロップは、カロリーが抑えられます。

量が多いとカロリーが高くなる?

食べる量が多いと摂取カロリーが増えるのはご存知ですよね。ですが、見た目だけで判断するのはちょっと危険です。材料を煮詰めて作る練乳や餡は、量が少なく見えても煮詰めることで水分が飛び、カロリーが高くなるので、見た目の量だけで判断しないようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ