無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと愛される!彼も喜ぶ「上手な甘え方」

恋愛・結婚

ワガママ放題に見える女性が、男性からすると「甘え上手」なのかもしれません。

好きな彼にお願いをかなえてもらって、しかも可愛がられちゃう!

そんな、甘え上手のポイントを見ていきましょう。

甘えるのは「二人きりのとき」

「普段は凛とした感じの彼女が、二人になると必ず甘えてくるのが可愛い。

人通りが少なくなったとたんに腕を絡めてきたりとか……!

外ではほんとに普通の顔をしてるから『今日は甘えてこないかも?』と思うんだけど、家についたら必ず甘えん坊になる。

そのギャップにわくわくする感じもあるんです」(29歳・男性)

二人きりになった時に甘えてくる彼女なら、照れたりせずに上手に受け止めてくれる男性が多いです。

男性は社会性を重視するので、人目を気にせずベタベタしたがる女子のことを「人前で素を見せても平気=空気が読めない」と感じることも。

それでは友達にも紹介しにくいし、本命候補には厳しいという声も。

オフィシャルな場と二人の時の態度にメリハリをつけることは、ただ「可愛い♡」と思われる以上にメリットのあることかもしれません。

やってもらうのは「彼の得意なこと」

「僕はカフェ勤務の経験があるので、ちょっとした料理は彼女より得意。だからよく『ご飯作って♡彼くんのほうが上手だもん。おいしいの食べたい♡』って頼まれる。

片付けまで自分がやりがちなので、調子いいな……と思うけど、可愛いんだよね。おいしそうに食べてくれるし」(31歳・男性)

ホントに甘えてもいいの?と心配な女子は「彼の得意なことをしてもらう」のがいいでしょう。

力仕事はもちろん、「映画に詳しい」など、趣味の分野で頼るのも男性のプライドを満たせる甘え方です。

このケースのように図々しいような甘え方でもいいの……?と疑う女子もいますが、彼の長所をアピールする機会を与えることは、甘えというかむしろサービス。どんどんやった方がいいんです。

頼られる楽しさを覚えると、得意分野以外でも頼らせてくれるようになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ