無料の会員登録をすると
お気に入りができます

打倒! ワキ・足・頭皮のニオイ。最強の制汗剤・デオドラントグッズを見つけました♡

汗をたくさんかくこの時期、ワキや足、頭皮など、体のニオイ、気になりますよね。そこで今回は、全身のニオイ問題を解消してくれるデオドラントグッズをたっぷり53製品徹底検証! スティック、ロールオン、スプレーなどタイプ別におすすめをランキング形式でご紹介します。

美容

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK the Beauty』2020年8月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

汗が滝のように流れると、気になってしまう体臭。電車の中やオフィスなど、人の多い場所で「もしかしてニオってる?」と不安になったことはありませんか? 外出前にはデオドラントケアをしっかりして対策したいですよね。

今回は、ニオイのプロと100名以上の女性モニターさんでデオドラントグッズ全53製品を一斉にテスト。がっちりニオイを防いでくれるデオドラントグッズを探しました。目的別に「ワキ編」「足偏」「頭皮編」「全身編」に分け、さらにスプレーやスティックなど製品のタイプ別にランキング形式でご紹介していきたいと思います。

▼テストしたブランドはこちら
・アルバコスメティックス
・イソップ
・エージーデオ24
・エスカラット
・オドイーター
・オドレミスト
・オルビス
・クデオ
・クリニーク
・ザ・プロダクト
・サボリーノ
・シービック
・シーブリーズ
・シンプリティ
・スキューズミー
・スティーブンノル ニューヨーク
・スリムウォーク
・ダイアン パーフェクトビューティ
・ダヴ
・ディーバー
・デオコ
・デオナチュレ
・ドクター・ショール
・ニベア
・ネイチャー & コー
・パースピレックス 
・バン
・ビオレ
・フレッシュケア
・マンダム
・メンソレータムリフレア
・ラヴィリン
・リフレア
・レセナ
・8×4
・Beauty Sustainability
・H・ミッテル
・TSUBAKI
・WIN

体のニオイは汗が臭いからと思われがちですが、汗そのものは無色透明で無臭です。それなのに、汗をかくとどうしてイヤなニオイが出てしまうのでしょうか?

ワキには、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があり、アポクリン腺から出る汗にはタンパク質や皮脂などの栄養がたくさん含まれています。この栄養をエサに繁殖した皮膚の常在菌がワキ臭の原因<です。

皮膚にいる常在菌が、足裏の角質を分解するときに放つニオイに皮脂が混ざって、足独特の臭いニオイを発します。足裏は背中の5~10倍も汗をかく場所。靴で密閉されることで菌の温床となり、さらに強烈なニオイとなります。

頭皮は皮脂腺がたくさんあって、皮脂が分泌されやすいところ。過剰な皮脂が頭皮のニオイの主な原因です。皮脂が酸化すると、さらに菌が増殖します。そこに汗や整髪料、排気ガスなどの汚れが混ざり、さらに臭くなります。

イヤなニオイを食い止める強力な消臭力のあるアイテムを探して、消臭力と使用感の2つのポイントを検証しました。

【テスト1:消臭力】

女性モニターに編集部が配布した同一のワキパットと靴下を身につけてもらい、ワキと足、それぞれ片側だけにデオドラント製品を使用しました。普段通り過ごしたあとにパットと靴下を回収し、製品を使用したものと未使用のもののニオイの違いを臭気判定士が検証しました。

ニオイは臭気強度として数値化し、5段階でランクづけしました。肌には特有のニオイがあるため塗布後の最低値は1.5。なお、臭気強度には製品の香料も含まれます。

【テスト2:使用感】

総勢100人以上の一般女性モニターに自宅でワキと足にデオドラント製品を塗布してもらい、リアルな使い心地を採点してもらいました。チェック項目は、肌への刺激、ベタつき、容器の扱いやすさ、塗りやすさなどです。なお、香りについては個人の嗜好の差が大きいので、今回は参考意見とし、点数には反映していません。

以上、2つのテストから総合的に評価し、ランキングを決定しています。今回のテストでは、【テスト1: 消臭力】を重視して総合評価を決定しています。

それでは目的別・タイプ別のランキングを発表します!

持ち歩きにも便利なロールオンタイプのワキの制汗剤のおすすめランキングです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ