無料の会員登録をすると
お気に入りができます

即リピ決定!無印が「もうご飯作りたくない日」の神♡「◯◯にかけるだけ」最強ズボラ飯TOP3

グルメ

こんにちは、ヨムーノライターの西野りこです。

梅雨が明けたと思ったら、高温続き!こんな季節はさっぱりとしたごはんが食べたくなるもの。ここでは、無印良品が力を入れ始めたようにみえる「ごはんにかけるシリーズ」からおすすめお3品をご紹介します。なんといっても、この夏キッチンが暑くならない!ごはんにかけるだけのお手軽さが魅力です!

抜群の美味しさ!ごはんにかける「奄美大島風鶏飯」

奄美大島風 鶏飯180g(1人前)250円(税込)

奄美大島を代表する郷土料理「鶏飯(けいはん)」をお手本にしたレトルト商品です。温かいご飯に、湯せんまたはレンジ(中身を耐熱容器に移してから)で温めた本品をかけていただきます。

本場、奄美大島では日常的に食べる料理というよりも、お祝いやおもてなし用の料理として重宝されているそう。具材は特に決まりがあるわけではないようですが、一般的にはほぐした鶏肉・錦糸卵・椎茸の甘煮などを入れるのだとか。

無印の鶏飯には、ほぐした鶏肉の他にレンコン・しいたけ・人参が入っていました。

レトルトパウチを開けた瞬間に広がる鶏肉の香りがたまりませんでした。個人的には、今回試した3品のなかで一番おいしかったです。

温かいスープとたっぷりの具材は家庭的でどこか懐かしさを感じました。鶏飯を食べるのは初めてだったけど、このおいしさならきっと地元民も納得の味なんじゃないかな?と勝手に想像。

あまりのおいしさに本物の鶏飯が食べたくなって、自宅近所で食べられるお店はないかな?と検索したほど。(残念ながらありませんでしたが……)

いつか本場の鶏飯を食べてみたいなと感じさせてくれるおいしさです。

リピ決定!ごはんにかける「冷やし胡麻味噌担々スープ」

冷やし胡麻味噌担々スープ 160g(1人前)290円(税込)

担々スープといえば熱々ピリ辛なイメージ。冬の寒い日にむしょうに食べたくなることがあります。

でも、今回の商品は冷・や・し胡麻味噌担々スープ。

ピリ辛なのに冷たいってどんな味なんだろう?と興味津々で買ってみました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ