無料の会員登録をすると
お気に入りができます

100均で揃える外出時の熱中症対策グッズ|子どもと出かけるときには忘れずに持っていきたい!

猛暑日が続く今日この頃。なるべく暑い時間を避けつつ元気な子ども達に付き合って、外に出かけることありますよね。熱中症などにならないように注意したいけれど、何をもっていけば便利なのでしょうか。

100yen

【便利グッズ①】保冷剤と冷やしたタオルや水分を持ち運べる「ランチバッグ」

暑さ対策に冷たいタオルやドリンクを持っていきたいですよね。そんなときには、100均で販売されている「ランチバッグ」がおすすめです。今の時期は、いろいろな大きさや柄の「ランチバッグ」が販売されています。

内側がアルミタイプになっているので、冷やしたタオルやドリンクを持っていけば、冷たいままで保冷することができます。大きさも大きすぎないサイズが多いので、手軽にもっていくことができます。

【便利グッズ②】水滴を吸着する機能付き!ペットボトルの冷たさをキープできる「ペットボトルホルダー」

暑い日にペットボトルを持ち運ぶと、水滴がたくさんついてカバンの中が濡れてしまったり、またすぐにぬるくなってしまったりすることがありますよね。最近の「ペットボトルホルダー」は保冷機能があるのはもちろん、水滴をしっかり吸着してくれるタイプなども販売されているので、冷たいペットボトルドリンクを快適に持ち運ぶことができますよ。

【便利グッズ③】ワンプッシュでペットボトルが開くから飲みやすい!「ペットボトルがぶのみタイプ」

暑い中では頻繁に水分補給する際に便利なのが「ペットボトルがぶのみタイプ」です。普段はひねってしめるペットボトルの蓋を、ワンプッシュで開けることができるので便利です。

また、「ペットボトルキャップ スポーツタイプ」というタイプも販売されています。こちらはペットボトルにつけ、飲むときは上部にある半透明な蓋を上に引っ張っぱると飲み口が出てきます。飲み口から出る量が調整されて飲みやすくなるキャップです。どちらも簡単にペットボトルドリンクが飲めるようになるので、あるとないとでは違いますよ。

【便利グッズ④】直接口を付けるのがイヤな方におすすめの「ペットボトル取り付けカップ」

どこでも手軽に飲めるペットボトルですが、そのまま口を付けることに抵抗がある方もいらっしゃいますよね。そんな方には、「ペットボトル取り付けカップ」がおすすめです。ペットボトルの上部につけて持ち運ぶことができ、蓋を外すとカップにとなり水筒のように使うことができます。

そのまま口を付けるのはちょっと嫌だけど、コップを持ち歩くのは面倒な方におすすめです。

今年の暑さは尋常じゃないですよね。出かける際にはなるべく涼しい時間帯に、暑さ対策をしっかりして熱中症に気をつけてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ