無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カーテンをオキシ漬け!ついでに“アレ”も洗濯ネットにまとめて“ほったら家事”で賢くキレイに

インテリア

こんにちは、ヨムーノライターのayakaです。

年に2回ほど洗いたいカーテン。カーテンを洗うのってとても大変ですが、「オキシ漬け」することで効率よく綺麗にお洗濯ができます。
ここでは、そんなカーテンの洗濯の仕方ではなくカーテンと一緒に洗うと良いものとそのお洗濯方法をご紹介します。

カーテンと一緒に綺麗にしておくと良いもの「洗濯バサミ」

カーテンと一緒に綺麗にしておくと良いもの、それは洗濯バサミ。
洗濯バサミってお外で使用するものなので、思った以上に汚れや菌が付着しているんです。

その前に少しおさらいですがカーテンのフックはつけたままでOK。
ただしっかりとフックが中に入るように畳んでください。

オキシ漬けの準備

オキシ漬けはお風呂で行うのがとても楽。
大きなバケツはなかなか持っていないので、お風呂だと大型のものがとても漬け置きしやすいです。

漬け置きする準備は60度のお湯を入れ……。

オキシクリーン(我が家はアメリカ製)付属スプーン3杯を入れます。

しっかりと桶な度を使ってオキシクリーンを溶かします。

)

洗濯バサミの漬け置き方法

洗濯バサミって大量にあるしバラバラしてるし掃除がとにかくしづらい!
ですが、ある方法で簡単につけおきができます。

汚れた洗濯バサミをかき集めます。
それを洗濯ネットに全部まとめて入れちゃいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ