無料の会員登録をすると
お気に入りができます

約3万匹の金魚が泳ぐ!「アートアクアリウム美術館」常設展として本日OPEN[内覧会レポ]

2020年8月28日(金)、東京・日本橋に「アートアクアリウム美術館」がオープン!同施設は夏の風物詩として愛されてきた展示会「アートアクアリウム」が大型常設展示になったもの。従来の日本橋会場の約3倍の規模で、年間を通して四季折々の空間を演出してくれます。そんな注目スポットの魅力を「レッツエンジョイ東京」編集部がさっそくお伝えします♪

旅行・おでかけ

おでかけ時のポイント

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

14年目の人気展示が「美術館」に!

2020年8月28日(金)、東京・日本橋に新感覚の美術館「アートアクアリウム美術館」がオープン。夏の風物詩として愛されてきた展示会「アートアクアリウム」が大型常設展示として生まれ変わりました。

「レッツエンジョイ東京」編集部では、さっそく注目の同施設へ!世界各国で開催され今年で14年目を迎えた「アートアクアリウム」は、累計来場者数1,000万人超え。それほどの人気展がパワーアップしたとだけあって「アートアクアリウム美術館」にも期待が高まります♪

30,000匹超の「生きるアート」。四季で変わる演出にも注目

▲外観

東京メトロ銀座線・半蔵門線の三越前駅から歩いて約2分。大通りから1本入った場所に「アートアクアリウム美術館」は佇んでいます。

▲「浮世」エリア テマリウム

同施設では、「アートアクアリウム」史上最大の30,000匹を超える金魚を展示。普段は見る機会の少ない貴重な金魚から、お祭りなどでみる馴染みのある金魚まで様々な種類の金魚が一挙集結しています。

会場の規模も大きくなったため、金魚以外の展示作品数も増加。新たな展示作品にも注目したいところ。

テーマ別エリアで、それぞれの世界観を体験

▲「水端」エリア

2階建ての同施設は、テーマ別に6つのエリアに分類。それぞれの世界観で楽しめる新感覚の美術館となっています。6つのエリア中、まずは1階の3エリアをご紹介します♪

「アートアクアリウム」所蔵作品から不定期に過去の人気作を選び展示するエリア「水端(みずはな)」は、水と戯れる非日常の始まりを表現した展示。季節ごとの変化も楽しめます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ