無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[8/31〜9/6の運勢]9月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い
続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

自分自身を迎え入れる

今週のふたご座は、いつかは必ず直面しなければならないであろう事態に、おのずから向かっていくような星回り。

人が自分自身について知ることができるのは、何かに夢中になって楽しんでいるときか、他のことが考えられないくらい深く思い悩んでいるときだけ。そしてそんな本気の悩みと喜びを通してのみ、自分が心から何を欲し何を避けていかねばならないかを教わっていく。

確か『ゲゲゲの女房』で、新婚当時の水木しげるがそんな言葉を紙に書いて自宅の壁に貼っていましたが、今のあなたなら自分の部屋の壁にどんな言葉を貼りつけるでしょうか?

この質問への答えは、先の言葉そのままに、まさに今のあなたが心から欲しているものと、避けねばならないと思っているものが何なのかを表しているはずです。自分の心の中央に、今心から必要だと感じられる言葉をしっかりと取り入れ直していきたいところです。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

自分を発見するために

今週のかに座は、遠くにある人のことを急に身近に感じ始めるような星回り。

滑稽俳諧を特色とした小林一茶。彼は句風雅の誠を追求した芭蕉の一派にはじめ所属したものの、みずからの個性に目覚めると、そうした路線から外れていきました。とはいえ「秋立つやあつたら口へ風の吹」をという句を詠んだ一茶の頭には、芭蕉の有名な「物いへば唇寒し秋の風」の句のことがあったのではないでしょうか。

芭蕉の唇を寒からしめた秋風が、今年もようやく吹き始めた。同じ風が自分の口に吹いて入ってくることの、なんともったいないことか。そんな風に、ここでは作者は口数多き自身の身を、どこか偉大なる先達である芭蕉と比較することで反省しているのかも知れません。

今週のあなたもまた、ふと頭に浮かんできた人と自分とを重ね合わせることで、何がしかの気付きを得ていくことができるはずです。

続きはこちらから
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ