無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう失敗は嫌!「気になる人とのデートでのほろ苦い経験」第1位を発表

恋愛・結婚

「気になる人との初デート!」気合いを入れて、前から準備してても、当日になって、「こんなはずじゃなかったのに……」と、ほろ苦い経験をしてしまったことはありませんか?

「嫌われちゃったらどうしよう」と不安で、デートが終わってからも思い出しては後悔しそう。

そんな、「気になる人とのデートでのほろ苦い経験」を、QEEQが実施した「デートでの失敗に関する調査」を元に、第3位からランキング形式で発表しちゃいます。

デート対策についても一緒にみていきましょう。

第3位:「汗をかきすぎて化粧が落ちた」(19.0%)

上記の調査の中で、まず、20代の女性を対象に、「気になる人とのデートでほろ苦い経験はありますか?」と質問したところ、「ある」と回答したのは、4割(39.8%)でした。半数とはいかないものの、割と経験があるようです。

そして、「具体的にどのような経験をしたか教えてください」と質問したところ、3番目に多かった回答が、「汗をかきすぎて化粧が落ちた」(19.0%)でした。

暑い時期は特に、汗をかいて化粧が落ちることはありがち。「アイラインが落ちちゃう」、「ファンデーションがよれてしまう」など、デート相手に見られてしまったら、ショックで冷められちゃうかも。

落ちるのが怖い人は、こまめにメイク直しをするか、崩れにくいメイクを研究してくださいね。

第2位:「服のコーデを失敗した」(24.2%)

そして、同調査内で2番目に多かった回答が、「服のコーデを失敗した」(24.2%)でした。

家で考えたときは「これだ!」と思ったのに、外だとなんだか浮いて見える……。「もしかしてコーデ間違っちゃった……?」なんてことを考え出すと、デート中も気になってデートに集中できないですよね。

気合いの入ったコーディネートもいいですが、気合いをいれすぎてしまうと、彼とのファッションに差が出て、相手がちょっと引いてしまうかも。

自分がおしゃれして目立つというより、一緒に歩く人のことも考えて、初デートは特に、無難なコーデを選んだ方が失敗はないかも。

第1位:「緊張して無言が続いてしまった」(36.5%)

そして最後に、同調査中1位になった回答が、「緊張して無言が続いてしまった」(36.5%)でした。

デート前には、話したいことなど、いくらシミュレーションをしていても、いざ、デートが始まると、緊張して真っ白に!

結局、「肝心な話したいことを話せず終わってしまった……」なんてこともありますよね。

初デートで緊張するのは仕方のないこと。そこは考えを変えて、「ちょっと緊張してるの」と素直に感情を出すことで、相手も「僕も」と、和やかになるかも。「緊張しているな」と思ったら、一呼吸置いて、気分を変える方法を考えてみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ