無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「やっぱりステーキ」は“やっぱり”ウマい!?東京初上陸の沖縄ステーキチェーンに確かめに行った

2020年6月にはるばる沖縄から東京・吉祥寺にやってきたステーキ店「やっぱりステーキ」。ボリューム満点なのにリーズナブルということで、地元では絶大な人気を誇り東京の新店も大注目のお店です。今回はそんな「やっぱりステーキ」が、“やっぱり”美味しいのか?確かめてきました。

グルメ

飲みの〆の定番!?沖縄発のステーキチェーン店/やっぱりステーキ

どうも、へんてこグルメガイドの矢崎です。

2020年6月東京・吉祥寺にやってきた沖縄の人気ステーキチェーン店「やっぱりステーキ」。ステーキが1,000円で食べられるとあって、大人気のお店です。

「やっぱりステーキ」は2015年に那覇市内にオープンして以来、絶大な人気を誇り、瞬く間に50店舗超えるほど数を増やしている急成長中のステーキ店。お酒を飲んだ後の〆にステーキを食べる、という新定番を沖縄に定着させたお店でもあるんです。

同店が登場したのは吉祥寺駅から井の頭公園方面に2分ほど歩いたところ。おしゃれなカフェが立ち並ぶ閑静な街並みの中にあります。

店内には、写真のようなカウンターからテーブル、テラスまでいろいろな席が用意されています。客層は幅広く、老若男女問わず来店しているそうです。

壁に飾られたステーキをいただく「心得10カ条」からは、こだわりを感じますね。

タッチパネル形式のメニューを見てまず驚かされるのは、そのコスパの良さ。1,000円でご飯とスープ、サラダの食べ放題がついた100g~200gのステーキを楽しめちゃうんです!

1,000円セットで楽しめるのは、あっさりとした「赤身ステーキ(ランプ200g)」や「イチボステーキ(150g)」、「ヒレステーキ(100g)」など5種類。〆でステーキを食べる沖縄発のお店らしい脂っこくないメニューが豊富です。

店内の一角にはバイキングコーナーがあり、食べ放題のサラダやご飯は自由に取って食べられます。サラダには5種類のドレッシングが用意されており、ご飯は白米と黒米の2種類。健康志向の方でも楽しめるようになっています。

「もっといろいろな部位を楽しみたい!」という方は、替え玉ならぬ「替え肉」もあります。お肉のおかわりは通常メニューを頼むよりも300~350円ほど安いので、気軽に追加で注文しちゃいましょう!

富士山の熔岩石で焼き上げる!「やっぱりステーキ」ってぶっちゃけどんなもんよ?

たくさんあるメニューの中から、今回は一番人気の150gの「やっぱりステーキ」(1,000円)を注文。赤身肉ながらも絶妙な軟らかさを誇る“ミズジ”という部位を使っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ