無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イライラ解消! 免疫力アップも? 「マインドフルネス」で休息しよう

イライラしてしまうことは誰しもあるもの。そんなイライラを自分でコントロールできる人もいますよね。コントロールしている人の多くは「マインドフルネス」を実行しているんだとか。今回はイライラから自分を解放するマインドフルネスをご紹介します。

2017年6月
ライフスタイル

負の感情を手放すとラクになれる

イライラしてしまうことは誰にでもありますよね。でもそのイライラを溜め込んでしまう人と、溜め込まない人がいます。同じ人間なのに、溜め込まない人はどのようにしているのか気になる人もいるはず。

www.pexels.com

実は溜め込まない人は「マインドフルネス」を習慣にしているようです。更にイライラすることで下がってしまう免疫力をあげる効果もあるんだとか。

www.pexels.com

ぜひ習慣にとりいれて、自分をイライラから解放してあげませんか。

マインドフルネスは“今”に目を向ける方法

マインドフルネスは日本人が馴染みのある仏教からきています。お坊さんが瞑想をしている姿を何処かで見たことがある人もいるはず。そんな瞑想を使って、心を“今”に向ける方法がマインドフルネスです。

www.pexels.com

イライラしやすい人の思考は、過去にあった出来事やまだ起きてもいない未来について考えている方が多く“今”という瞬間を感じられていない状態にあります。今この瞬間を感じて心を穏やかにする方法なのです。

マインドフルネスのやり方

呼吸に意識を向けて体の動きに注目しよう

五感が邪魔されない場所で椅子に座り、目を閉じて深呼吸をします。深呼吸をしながら、お腹がへこんだり膨らんだり、深呼吸をすることで起こる体の動きに意識を向けましょう。

最初は過去や未来のことを考えてしまうため、3分もできない人が多いと言われています。同じ場所、同じ時間で続けることで10分できるように目指しましょう。おすすめは雑念が浮かびやすい朝や寝る前です。

マインドフルネスの効果をあげる行動4つ

①イライラしてきたら客観視する

イライラが止まらない!という時は“自分という存在”を客観視するようにしましょう。

Photo by Jiří Wagner / Unsplash

自分を他人と見ることで、自分の状態を冷静な目線で対処できるようになるでしょう。

記事に関するお問い合わせ