無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美人じゃなくても、なぜか美人に見える女子の特徴って?

恋愛・結婚

特別顔立ちが整っているわけじゃないけれど、なぜか美人扱いされる女性っていますよね。

モテるし、男性から大切にしてもらえるし、これって結構羨ましいかも。

彼女たちが周囲から重宝される理由って、一体何なのでしょうか。

そこで今回は「美人じゃなくても、なぜか美人に見える女子の特徴」についてご紹介します。

自分に自信がある

「学生時代を思い出しても、美人じゃなくてもモテる子ってコミュ力が高かった気がする。基本自虐は言わないし。男女問わず人気が高かったですね」(26歳/女性/営業事務)

そこまで美人じゃなくても“美人枠”に分類される女性は、自己肯定感が高め。

「どうせ私はかわいくないから……。」なんて言わず、積極的にコミュニケーションをとります。

性格が明るく誰からも好かれると、人ってなぜかかわいく見えるものです。

誰かと比べて引け目を感じず、堂々とするのが美人への第一歩と言えそうです。

オシャレを楽しんでいる

「ルックスはそこそこでモテる友人がいるんですが、オシャレなんですよね。洋服はもちろん、メイクや髪型も頻繁に変わる。自分の魅せかたをよくわかっているなと思います」(30歳/女性/教育)

身綺麗にするとあか抜けますし、男性も「あの子かわいいな」と興味を持ってくれるでしょう。

美人だけどオシャレに無頓着な女性より、とっつきやすさはありそうですね。

それにいわゆる詐欺メイクで、雰囲気がガラッと変わる女性もいます。最近ではパーソナルカラーも流行っていますが、自分に合った色味使いやオシャレをするだけで、案外美人って作れますよ。

軽い女にならない

「どんなに美人でもチャラかったり、元カレに依存していたりすると安っぽいかな。逆に変な誘いには乗らない、終わった恋に執着しない女子は『イイ女』に見えますね」(27歳/男性/商社)

意外にもどんな恋愛をしているかで、その人の見えかたも変わるもの。

軽い不倫をする、終わった恋に執着しすぎるなどのほか、男性にワガママばかり言う女性は、どんなにキレイでも残念美人になり下がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ