無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お部屋はコンパクトでテレビもない。それでも泊まりたくなるホテル「slash 川崎」の魅力を深掘りします♡

旅行・おでかけ

ラゾーナ川崎やラ チッタデッラなど、商業施設が多く集まる神奈川県・川崎。買い物に出かけることはあっても、泊まったことがある人は少ないのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、2019年11月にオープンしたばかりのホテル「slash 川崎(スラッシュ カワサキ)」。

今までのホテルの常識に囚われない、一風変わったデジタルホテルなんです♡

周りの雰囲気とは異なる近未来感

JR川崎駅の中央東口から歩いて5分。たくさんの飲食店が集まるディープな雰囲気の通りから一転、おしゃれな建物が目に入ります。

スタイリッシュなデザインで、とても洗練された印象。

周りの街の雰囲気とはまるで違う、近未来を感じさせるホテルになっているんです。

slash 川崎は宿泊に関するさまざまな工程を、テクノロジーを使ってより便利・スムーズに行えるようになっている「デジタルホテル」。

飛行機に搭乗するときのように、スマホを使ったモバイルチェックインも可能なんです◎

事前にチェックインを済ませておけば、フロントでの手続きや説明を聞く必要もなし。キーと専用のポーチを受け取ってすぐにお部屋に向かうことができちゃいます♩

ネオンが印象的な1階部分はカフェ&バーになっています。

お茶や食事をすることはもちろん、コワーキングスペースとしても開放することで、人が集まる場として提供しているそうです。

slash(スラッシュ)の由来は?

館内の至るところで見かける「/」(スラッシュマーク)。

URLに入っていたり、言葉を並べるときに「/」を使って羅列したり…かつては分数にも使われていたりなど、美しくシンプルな形ながら多種多様な使われ方をしている記号でもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ