無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「bills 銀座」限定のアフタヌーンティーがリニューアル![#編集部のお出かけキロク]

8月14日(金)より「bills 銀座(ビルズ ぎんざ)」と「bills 大阪(ビルズ おおさか)」がそれぞれ限定で提供するアフタヌーンティーセットのメニューがリニューアルされました。このアフタヌーンティーセットは、世界中の「bills」でもこの2店舗だけで楽しめる限定メニュー。今回は「bills 銀座」に、るるぶ&more.編集部員えみーる&インターン生みずきてぃの2人で行ってきました!

グルメ

銀座を一望できる!ラグジュアリーで開放感抜群の店内

東京メトロ銀座一丁目駅8番出口を出てすぐ、ビルの最上階にある「bills 銀座」。銀座にあるビルの最上階ということで、クラシックな感じでかなり敷居が高いのでは……と緊張していましたが、入店してみると太陽の光がたっぷり差し込んだ開放感抜群の店内に案内されました。

私たちが訪れたときは、若い女性のグループやカップル、ママ友とのお茶会で利用している人、はたまた一人でのんびりくつろぐ人などなど……幅広い年齢の方に利用されていましたよ。

ハイセンスなインテリアや大きな窓から見渡す銀座の街並みに高級感も感じますが、親しみやすくカジュアルな雰囲気も。とっても居心地が良い、素敵なお店です。

えみーるのおすすめポイント
「自然光がたっぷり入るこの店内!映える写真の撮影がしやすい!」
みずきてぃのおすすめポイント
「雰囲気もメニューの価格もお財布に優しいので、大学生の私でもgood◎」

この夏リニューアル!世界でもここでしか味わえないアフタヌーンティーセット

リニューアルしたアフタヌーンティーのメニューはこちら。「bills」の人気メニューである「パブロバ」や「ミニリコッタパンケーキ」や、「パート・ド・フリュイ」や「チキンパステル」「クラブタルト」などなど、あまり耳にしたことがないような気になるメニューが満載で、いまからワクワクです。

そして現在、「bills」ではピンク色の用紙(写真右側)のQRコードを読みとってメニューを見ることができます
これなら、感染症対策としてもバッチリですね。

そして……こちらが今回のアフタヌーンティー。素敵なデザインのお皿と華やかなスイーツとセイボリーに、えみーるとみずきてぃは、大喜びしてしまいました。

こちらのアフタヌーンティーがいただけるのは、世界中でも「bills 銀座」のみ。
英国で生まれた伝統的なアフタヌーンティーを、世界中を旅するビル・グレンジャーならではのエッセンスを注ぎ込み、billsらしくシンプルに仕上げられています。

えみーるとみずきてぃの注目ポイントは、このかわいらしい食器たち。色合いや見た目だけでなく、質感までも本当にキュートです。

お皿にはイタリアの陶磁器メーカー「リチャード・ジノリ」、ティーカップには日本の伝統工芸である有田焼の「1616/aritajapan」ブランドを使用するなど、学生時代に日本でアートを勉強していた経験もあるレストランターのビル・グレンジャーのこだわりが随所に感じられます。

実食!アフタヌーンティーを徹底レポート

「bills」のアフタヌーンティーは、クラシックな英国式のアフタヌーンティーなので、下段から順番にいただくのがおすすめ。ということで、今回は英国式に下段から順番にいただいていきます。
ちなみに紅茶は、フリーフロー。bills ブレックファストティーやオレンジペコ、レモングラスなどの7種類の紅茶が飲み放題です。

それでは、下段のセイボリーから。
今回のセイボリーは、モロッコで親しまれるチキンのパイ包み「パスティラ」をベースにした「チキンパステル」やトルコ料理でよくみられる「ムハンマラ」と言われるソースが添えられたクロケットなど、中東風のメニューが多め。世界中を旅するビル・グレンジャーならではのメニューですね。

特に、みずきてぃのおすすめは、「クラブタルト」。ハーブがたっぷり練りこまれたタルトの上に、アイオリソースとズワイガニが添えられています。口に入れた瞬間、ぎゅっとカニのうまみが伝わってきて、ハーブたっぷりのタルトとも相性抜群。カニが大好きなみずきてぃにはたまらない1品でした。カニ好きの人に、ぜひ食べて欲しい一品です!

中段には、エスプレッソガナッシュが入った白いバニラマカロンやエディブルフラワーがトッピングされた、見た目の華やかなバクラヴァチーズケーキなど。

えみーる&みずきてぃともにびっくりしたのは、「パート・ド・フリュイ」。「パート・ド・フリュイ」は、グミのようなお菓子なのですが、パッションフルーツ味には、一味とライムゼストがまぶされており、甘いのにぴりっと辛いという、なんとも不思議なお味。でも、辛みが絶妙で、やみつきになってしまいました!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ