無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“コンロ掃除の苦悩”とサヨナラ。夜のスプレーがあなたを救います

新しい生活様式の浸透で、おうちでの過ごし方を見直した人も多いのでは? 雑誌『LDK』では新しい生活スタイルに合った「疲れない暮らし方」を大研究。家事を効率的にこなすヒントをプロに教えてもらいました。今回は、料理するたびに汚れるキッチンのコンロ周り対策です。

ライフスタイル

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

朝、昼、晩とキッチンを使うと、どうしても気になるのがコンロ周りの汚れ。

ですが、毎回きれいに掃除するのもけっこう大変ですよね。

そこでおすすめしたいのがプロのおそうじテク。コンロ掃除は一日の終わり、つまり晩ごはんの調理が終わった後にカンタンに済ませてしまいましょう。

コンロ周りの汚れは、重曹スプレーが大活躍します。夕食の調理が終わったところで、汚れにシュッとひと吹き。

食事している間はそのまま放置して、汚れをしっかり浮かせておきます。

そして晩ごはん後の片付けのときにサッと拭き取るのが正解。

晩ごはんの後に拭き取ることで、朝や昼についた汚れも一緒にオフ。毎食やらなくても、一日の最後にリセットできればOKです!

これなら毎晩できそうですね。

重曹水スプレーは市販のものもありますが、毎日使うなら自分で作ってしまうのも手。とってもお安くできちゃいます。

用意するのは、重曹と空のスプレーボトル。どちらも100均で手に入ります。

それでは、重曹水スプレーの作り方を見てみましょう。

計量カップを用意し、水1カップ(200ml)に対して重曹を大さじ1程度入れます。

粒が見えなくなるまで、しっかりとよくかき混ぜるのがポイントです。

よく混ざったら、スプレー容器に移し替えて完成です。

コンロの汚れにはたっぷり吹きかけるのがポイント。自作すれば惜しまずどんどん使えていいですよ。

毎日のルーティンおそうじには重曹スプレーが便利ですが、今すぐキレイにしたいというときにはレックの「セスキの激落ちくんシート キッチン用(20枚入)」がおすすめ。

ギトギトした油汚れもさっと落ち、他製品と比較してもダントツの使い勝手でした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ