無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単にやる気を出す5つの方法

勉強・仕事・家事・ダイエット・運動……やる気が出ない時ってありますよね。やる気とはどうすれば出るのでしょう? そもそもやる気とは何なのでしょう? 心理カウンセラーの高見綾さんに教えてもらいました。

ライフスタイル

やらなきゃいけないことはあるけれど、やる気になれないことってありますよね。やる気の起きない自分に対して罪悪感を抱くこともあるかもしれません。

では、そんな時はどうしたらいいのでしょうか。そもそもやる気とはどういったものなのでしょうか。

無気力になってしまう原因や、やる気を出す方法などについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

「やる気」が出ない時と出る時

やるべきことがあっても、やる気にならない、無気力になってしまう原因にはどのようなことがあるのでしょうか。

また逆に、どのような時にやる気が出るのでしょうか。

無気力になる原因

まずは人が無気力になる原因を4つ挙げてみたいと思います。

(1)やりたくないと思っている

好きじゃないことや、やりたくないことに対して、やる気は出なくなります。

「こんなのやって何の意味があるんだろう」と思っているようなものや、義務感でやっているようなものには、自分の中でそれをする目的が見つからず、気力が湧いてこないものです。

(2)成果が感じられない

例えば運動であれば、「体の調子が良い」「気分がすっきりする」などの変化があればやる気になりますが、そういった変化が感じられないとやる気は失われがちです。

「結果が数字に表れてこない」「誰からも認めてもらえない」「前に進んでいる感じがしない」など、物理的にも精神的にも報酬が得られないと意味を見いだせなくなり、やる気は削がれます。

(3)うまくいく気がしない

成功体験が少ないと、新しいことにチャレンジしようと思っても、うまくいく気がしないことがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ