無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[9/14〜9/20の運勢]9月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

休息を据える

今週のおひつじ座は、世渡りと慰めとのバランスをとっていくような星回り。

武道の世界ではよく「隙をつく」などと言いますが、吐く息と吸う息のあいだはコントロールがきかず、その一瞬だけまったくの無防備となるため、戦いにおいてはできるだけこの呼吸の隙を小さくしていかねばなりません。

ただ、そうして息を殺し、あるいは息をつめていると、つねに身構えっぱなしの状態となっていきます。さらに、その状態にだんだん疲れてくると、今度は呼吸から弾力が失われ、いざという時の集中力が落ちたり、あるいは力の抜き方もすっかり下手になってしまう。

今週のあなたは、どこかで失ってしまった隙をもういちど取り戻そうとしているのかもしれません。硬い背骨を一度バラバラにして、呼吸の「呼」と「吸」のあいだがゆったりと広がっていくさまをイメージしていくといいでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

白痴です

今週のおうし座は、ほんらいの無邪気さを取り戻していくような星回り。

まだ天動説の世界をみなが当たり前に生きていた17世紀初頭、ケプラーの法則で地動説を決定づけたヨハネス・ケプラーは、そうした天文学的業績を重ねる一方で『ケプラーの夢』という「SF小説の嚆矢(こうし)」とも呼ぶべき作品を書いていました(出版は死後)。

この物語では、主人公は日光は嫌うが夜には出かけることのできる精霊の力を借りて、フォルファ(地球)からレファニア島(月世界)へ4時間でたどり着き、地球が月からどのように見えるかが想像力に富んだ記述で示されています。

もともとこの作品は、コペルニクスの地動説を擁護するための学位論文として書かれたものだったそう。これは彼の地道で忍耐強い天文学的業績もまた、非常に先駆的な実験的試みによって支えられていたということの証左とも言えます。今週のおうし座もまた、それくらいルナティックになってみるくらいでちょうどいいのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ