無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ヌメリに魅力がたっぷり]さといもがダイエット中におすすめな理由

美容

秋の風物詩「いも煮会」の主役でもあるさといも。他にはない、あのねっとりとした食感とヌメリは独特で、くせになりますよね。太りやすいイメージのあるいも類の中でも、実はさといもはダイエット中にも向いている食材なのです!ここでは、そんなさといもについて、おすすめする理由と意外な魅力、そしてさといもを使ったおすすめレシピをご紹介します。

さといもってどんな食材?

歴史は古い

日本におけるさといもの歴史はとても古く、縄文時代から栽培されていたといわれています。江戸時代頃までは、まだじゃがいもやさつまいもがそれほどメジャーではなく、いもの主役といえば「さといも」だったそうです。

縁起がよい食材

さといもは、中心の大きないも=親いもと、その周りにつく子いも、さらにその周りには孫いもがついています。そんな根のつき方から、「子孫繁栄の象徴」として縁起のよい食材とされ、お正月料理にもよく使われています。

【食のプロが選ぶ!】管理栄養士も食べる「ダイエット向きの食材」BEST3

民間療法:さといも湿布

さといもは昔から「いも薬」といわれていて、湿布として使われていました。皮をむいてすりおろし、小麦粉と混ぜ合わせ、さらにおろしショウガを加えてよく練ったものを患部にあてると、打撲や捻挫、関節痛などに効果があるとされていたそうです。

さといもはダイエット中におすすめ!

さつまいも・じゃがいもと比較①:カロリー

いも類というと、炭水化物が多く太りやすいイメージがありますよね。確かにさつまいもやじゃがいもはカロリーが高めなのですが、さといものカロリーはそれほど高くはなく、いも類の中ではもっともカロリーが低いです。

いも類はお腹に溜まりやすく腹持ちがよいので、さらにカロリーが低いというのはとても魅力的です。

さつまいも・じゃがいもと比較②:カリウム

カリウムには、余分な塩分を排出する働きがあるので、むくみの予防・解消のためには日常的に摂取したい栄養素です。表のように、さといもには、他のいも類の中でもカリウムが多く含まれていることがわかります。

カロリーが低くむくみの予防・解消に効果があるさといもは、まさにダイエット中におすすめの食材なのです。

【目指せ!見た目-3kg】今日から始める「むくみ解消方法」って?
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ