無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋の夜長に。基本の月見団子

秋に食べたい和スイーツ。「基本の月見団子」のレシピと作り方を動画でご紹介します。だんご粉を使って作る月見団子です。生地をこねて丸めてゆでるだけなので、とっても簡単に作ることができますよ♪ きな粉やあんこ、黒みつなどお好みのトッピングでお召し上がりください!

レシピ

材料(15個分)

だんご粉 ... 120g

砂糖 ... 大さじ1杯

水 ... 80cc

トッピング

きな粉 ... 適量

黒みつ ... 適量

作り方

1
ボウルにだんご粉、砂糖を入れ軽く混ぜます。ぬるま湯を少しずつ加えながらよくこねます。
2
①を30cmほどの棒状に伸ばし、15等分に切ります。
3
手のひらで転がすようにして丸い形に整えたら、ほんの少し潰します。
4
鍋に湯を沸かし、③を入れます。浮き上がってきたら、そのまま2〜3分ほどゆでます。
5
冷水に取って冷まし水気を切ります。
6
バットに取り出して、表面を乾かし完成です!お好みできな粉や黒みつをかけて召し上がれ♪

コツ・ポイント

・だんご粉がない場合、上新粉でも代用できますが、水分量は様子を見ながら調節してください。
・ピンポン玉のような真ん丸は死者の枕元に供える「枕だんご」と言われているため、ほんの少し潰しています。
・十五夜には、15個お供えします。盛り付け方は1段目に9個(3×3)、2段目に4個(2×2)、3段目に2個を盛ってくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ