無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレンジしたもん勝ち♡ひとつ結びが断然オシャレになるヘアアレンジ9連発

ヘアスタイル

秋冬は首元まで暖かいハイネックトップスを選びたくなりますが、首元があいている日は後れ毛をたっぷり下ろしたゆるいひとつ結びがオススメです。ニットとのバランスも良く、オシャレ見え間違いなしです。

①おでこ、こめかみ、もみあげ、耳後ろ、襟足、それぞれ後れ毛の位置を把握しておく。
②後れ毛を下ろし、ざっくりとひとつ結びにする。
③爪の先を使って、内側から細く髪を引き出したっぷりほぐす。

4.ドーナツポニー

ぷっくりと膨らんだドーナツ型のゴム隠しが可愛いひとつ結びです。シンプルなひとつ結びも、ゴム隠しひとつでグッとこなれた雰囲気になりますね。両サイドは耳を覆うようにほぐすのがポイントです。

①好みの高さでひとつ結びにする。
②土台をたっぷりほぐす。
③アレンジスティックをゴムに挿し、毛束から一筋取りスティックに通す。
④スティックを下に引き抜き、ドーナツ型に整える。

5.ゴム巻きつけシンプルローポニー

ゆるゆるにたるんだひとつ結びは、一歩間違うと“お疲れポニー”に見えてしまうことも。それを解消するために、ゴム隠しに一工夫を。ルーズなゴム隠しが全体のバランスを整えてくれます。

①耳の位置より下の髪を残し、ひとつ結びにしてほぐす。
②残した髪の半分をねじりながらゴムに巻き付け、①のゴムに入れ込む。
③もう半分の髪は②と逆方向にねじり、ゴムに巻き付けてゴム留めする。
④ゴム隠しの髪をほぐす。

6.ふんわりひとつ結び

たった1つのゴムで、絶妙なゆるさとふんわりボリュームが一日中キープできるひとつ結びです。崩れやすいボブさんにもオススメです。崩れにくくするポイントは“くるりんぱ”にあります。

①トップの髪を斜めに分けとり、ロープ編みをする。(ゴム留めしない)
②残りの髪と①を合わせてゴム留めする。
③斜めに穴をあけて、くるりんぱする。
④ゴムを押さえながらしっかりほぐす。

7.三つ編みポニー

記事に関するお問い合わせ