無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイソーで超入手困難な人気商品 コーヒーミル&プレスがスゴすぎた

「ダイソー」で500円(税抜)で販売されているコーヒーグッズ。実際に使ってみると本格的すぎて驚いた…

100yen

明日、10月1日は「国際コーヒーの日」。気温が下がり始め、ホットコーヒーが恋しくなる季節にぴったりの日だ。コーヒーを飲む方法といえば、お湯を注ぐだけで完成するインスタントコーヒーも悪くないが、時には豆から淹れるコーヒーを自宅で味わいたい、と思っている人も少なくないはず。

■ミルとプレスがそれぞれ500円

そんな人にオススメの商品が、100円ショップ・ダイソーから2つ販売されている。

ダイソー

まず1つ目の商品が、こちらの豆を挽く道具「手挽きコーヒーミル」(500円/税抜)。極細挽き、細挽き、中細挽き、中挽き、粗挽きの5段階でコーヒー豆を挽ける調整ダイヤルもついている。

また、蓋と本体、受け皿の部分も簡単に分解できるため、お手入れもしやすそう。

そして、2つ目が「ティー&コーヒープレス(約350ml)」(500円/税抜)。

細かく挽いたコーヒー豆もしっかりこすことができそうな、目の細かいこし器がついている。

どちらの商品もSNSで話題になっており、超人気商品のためか、記者は都内のダイソーを5店舗ほどハシゴしてようやく手に入れることができた。

関連記事:在宅勤務中、デキる人たちが買ったモノ やっていたことが超参考になる

在宅勤務中、デキる人たちが買ったモノ やっていたことが超参考になる

■ミルの使い心地最高

これらの商品は、通常購入すれば安くても1,000円以上はしそうなものだが、どちらも500円。安価で手に入るのは嬉しいが、機能性は気になるところ。そこで、記者はコーヒー豆を購入し、実際にコーヒーをいれてみることに。なお、コーヒーの淹れ方に関して記者は初心者のため、容赦してほしい。

今回購入した豆は、『KALDI』で人気No.1のコーヒー豆「MILD KALDI(マイルドカルディ)」。

ミルの蓋を外し、少しずつコーヒー豆を入れてゆっくり挽いていく。ちなみに、『KALDI』のホームページによると、プレスを使う場合は粗挽きがオススメだそうだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ