無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[10/5〜10/11の運勢]10月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

目を逸らさずに

今週のおひつじ座は、「蔭」の側に立って日常を見返していくような星回り。

「もの置けばそこに生れぬ秋の蔭」(高浜虚子)という句で詠まれているのは、ふと物を置いたときに濃い影が生じたという、秋の暮れの光景。作者の意識の中心にあるのは「もの」を置いたことによってぽっかりと空いた心の穴であり、その穴を満たしている秋の澄んだ空気や不気味なほどの静けさに浸っているのだと言えます。

それは「もの」を持っているのが当たり前だった時には気付くことのできなかった代物。だからこそ人はなかなか意図した仕方では「もの」を置くことはできないのでしょう。けれど掲句ではそれを強い意志をもってなのか、ものの弾みかは分かりませんが、とにかく置いてしまったのであり、そうしてできた「蔭」から、もはや目を離せずにいるのではないでしょうか。

今週のあなたもまた、今このタイミングでけじめを付けるべきことがあるとするなら、それは何なのか。そして、それを手放すことで何が得られるのか。改めて、確かめていくことになりそうです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

私が話すように物事が創造する

今週のおうし座は、たまたま読んでたまたま書いた言葉に自身で納得していくような星回り。

18世紀中国の詩人・袁枚(えんばい)には、「偶然作」すなわち「たまたまできた詩」という、漢詩にはお約束のタイトルの詩がありました。賭け事以外の遊びにことごとく手を染めてきた自分が、ある日を境に変わってしまったことを次のように歌っています。

「忽忽四十年 味尽返吾素 惟茲文字業 兀兀尚朝暮」すなわち「ところが四十になると、遊び尽してやっと本来の自分に返ったかのように、本を読むことが急に面白くなり、毎日ひたすら読書にばかり明け暮れるようになった」と。

今週のあなたもまた、そんな一節を書いてその通りに生きてしまった袁枚のように、自分が今それを生きつつある変化に思い当っていくことになるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ