無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冷えると太りやすくなる!? 太りにくいカラダに変えるための「3つの方法」

気温が下がり、体が冷えやすい時期になってきましたね。
体が冷えると、体に様々な問題をもたらすだけでなく太りやすくなると言えます。そのため太りにくくするためにも、体温を上げて冷えから守ることが必要となります。
それでは体温を上げるためにはどうしたらよいか?今回は、「体温を上げる3つの方法」をお伝えします。

ビューティ

なぜ体温が上がると太りにくくなるのか?

「体温を上げる方法」をお伝えする前に、体温が上がると太りにくくなると言える理由についてお伝えしておきましょう。

その理由は、体温が上がると基礎代謝がアップするからです。

体温が1℃上昇すると、代謝量は13%アップすると言われています。そのため、体温が上がると、一日の総消費エネルギーの70%を占めている基礎代謝がアップするため、太りにくくなると言えるのです。

体温を上げる「3つの方法」

それでは体温を上げる方法をお伝えしましょう。

体温を上げる方法として、

・食事を摂ること
・湯船に浸かること
・筋肉量を増やすこと

の3つが挙げられます。

方法1:食事を摂ること

食事を摂ることで熱が発生し、体温を上げることができます。なんと食事を摂ることは、痩せやすい体になるのです!

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。このように食事を摂ることで発生するエネルギー消費のことを、「食事誘発性熱産生」といいます。

食事を摂ると体が温まるのは、この食事誘発性熱産生によるものなのです。そのため食事を摂ることは、熱を発生させ体温を上げることができると言えます。

このようなことから、食事を抜くことは体温の低下を招き、却って太りやすい体にしてしまうことがご理解いただけると思います。食事は1日三食、規則正しく摂るようにしましょう。

bybirth.jp

食事誘発性熱産生を高める3つのポイント

食事誘発性熱産生を高めるために、次の3つのポイントを踏まえて食事を摂るとよいでしょう。

(1)よく噛んで食べること

よく噛んで食べることで、熱産出量を上げることができると言われているからです。また、よく噛んで食べることは、満腹中枢に刺激を与え、食べ過ぎを防ぐことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ