無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヒルナンデスで1位評価[唐揚げベチャッとする問題]解消!「ケンタ級が超簡単」3つの裏ワザ

レシピ

こんにちは、調理師歴13年、ヨム―ノライターのだいきです!

あまり早すぎると、衣が剥がれてしまう原因になり、遅すぎると効果があまりなくなってしまうので、ご注意!

(※1)ヒルナンデスでは、3~4秒ほど空気に触れさせ、2・3回繰り返す、と紹介されていました。
(※2)ヒルナンデスでは、半分くらい揚がったら、と紹介されていました。

唐揚げを浮かせるときは「かす揚げ」を使って

唐揚げを浮かせるときには、100均などでも売っている「かす揚げ」を使うことをおすすめします!唐揚げを持ち上げやすく、落とす心配もほぼありません。

家庭にかす揚げがなければ、菜箸や揚げ物トングでも大丈夫です。
ただ、万が一唐揚げを落としたときに、油がはねてやけどをしてしまうかもしれないので注意してくださいね。

2度揚げよりも手間なく、カリカリにできる♪

よく「2度揚げするとカリカリで美味しい唐揚げにすることが出来る」と聞いたことはありませんか?正直2度揚げをするとなると、ちょっとめんどくさい。

今回紹介した「途中で唐揚げを少し油から出す」方法は、2度揚げの工程を簡単にしたものなのですよ♪

カリカリ唐揚げを作るコツ③揚げたては網に上げてしばらく置いておく

揚げたては「ザルや網の上」で少しの時間、油を切っておきましょう。ザルや網がない方は、魚焼きグリルの上でもOK。

あれっ、キッチンペーパーはダメなの?と思った方もいるかもしれませんね。

カリカリの唐揚げを作りたいなら、キッチンペーパーに直接唐揚げを置くのはNGです。キッチンペーパーに接している部分に油が溜まってしまい、衣がべちゃっとする原因になってしまうからです。

【徹底比較】カリカリ具合はどれくらい違う?

今回は「揚げている時に空気に触れさせる」コツを実践して、唐揚げのカリカリ具合がどれほど変わるのか、検証してみます!

写真左が『1度浮かせた唐揚げ』で、右が『浮かせなかった唐揚げ』です。

見た目はどちらの唐揚げも目立った変化はありません。ですが、衣を触ってみると、1度浮かせた唐揚げは、カラッとしていました。

浮かせなかった唐揚げは、サクサクとしっとりのちょうど中間くらいの印象です。これはこれで美味しそうです。それでは実際に食べて比べてみたいと思います♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ