無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10月10日は銭湯の日!友達と行きたい銭湯気分を味わえるスポット3選

来る10月10日は銭湯の日と、知っていましたか? 「1010」の数字の並びが「せんとお」と読めるという語呂合わせで、1991年に制定されたそうです。今回はそんな銭湯を満喫できる、もしくは銭湯気分を味わえるスポットをご紹介します。お風呂に入らないところなら、カップルや裸の付き合いは恥ずかしいという友だちとも、楽しむことができますね!

旅行・おでかけ

小判が浮かぶエンタメ銭湯!? 下町の心意気と懐かしさに触れられる「薬師湯」

東京スカイツリーからほど近くにある、昭和28年創業という歴史を持つ銭湯「薬師湯」が今注目されています。お客さんが急増するその理由は、湯のテーマが日替わりで、100種以上にも及ぶから!

例えば、小判型の入浴剤を入れて黄金色になったお湯に、おもちゃの小判が浮かんだ「入浴両の湯」。小判尽くしのお湯に浸かると、なんとなくありがたい気分になります! お湯に含まれる炭酸ガスの効能で体の芯からポカポカに。

ほかにも、東京スカイツリーのライトアップをイメージし、入浴剤を追加していくことで透明、青、紫、白、透明、青の順に湯色を変える「タワー風呂」。チョコレートの香り漂う「チョコレート湯」やかぼちゃが丸ごと浮かぶ「パンプキン風呂」など…今あるだけですでに100種類以上のラインナップだそうですが、今後さらに新しいものを増やしていくとのこと!銭湯のイメージを覆すサービス精神とエンターテイメント性に、つい毎日通いたくなってしまいますね。

■参考記事:小判が浮かぶエンタメ銭湯!? 下町の心意気と懐かしさに触れられる「薬師湯」(配信日:2018.04.18)

薬師湯

やくしゆ

住所: 東京都墨田区向島3-46-10

TEL: 03-3622-1545

営業時間: 15時30分~翌2時

定休日: 水曜

料金: 大人460円、中学生360円、小学生180円、幼児80円

思わず入浴気分!楽しく美味しい銭湯カフェ「Sd Coffee」

北千住の宿場町通りにある「Sd Coffee(エスディコーヒー)」は、銭湯の気分を味わえるカフェです。昭和の香り漂う店頭の雰囲気がすでに楽しそう!

賑わう店内に入ると、銭湯のペンキ絵を模した壁画に圧倒されます。銭湯のれんやケロリンの桶と、まるで銭湯に来た気分に!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ