無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[10/12〜10/18の運勢]10月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

今ここにある不安と向き合う

今週のおひつじ座は、不安を直視することでそこから回復していく道を探っていくような星回り。

しばしば「可能性」という言葉は良い意味でばかり用いられますが、哲学者のキルケゴールは『不安という概念』という著作において、本当の意味での「可能性」とは「一切のものが等しく可能的である」事態で感じられる困難さなのだと考えました。

それはつまり何にもすがることなく、誰にも助けを求めることもできず、私が、私だけが何かを今ここでなす、その瞬間に立ち合っている(または、立ちすくんでいる)という事態。コロナ禍において、なぜ人々が漠然と不安を覚え、自分自身をも否定したくなるのかという理由を明らかにするのに、大いに役立つのではないでしょうか。

今週のあなたもまた「それでも、否が応でも行為し、生きざるを得ない」自分との不協和を、まずはできる限り正確に認識していきたいところです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

役割の業(わざ)

今週のおうし座は、今の自分にちょうどいい「身の丈」を推して知っていくような星回り。

「栗の虫すまなささうに出て来たる」(辻田克己)という句で詠まれているのは、栗の中から虫がすまなさそうに出てきたという情景。「栗の虫」は物心つく前に栗の実の中に産みつけられ、それしかなかったから栗を食べた訳で、人間に対して罪悪感を覚えるいわれはないはずなのです。

でも作者が「すまなささうに」と感じたのだとすれば、それは「栗の虫」と自分自身とにあいだに大きな差を設けていないからでしょう。栗は縄文人にとっても貴重な食べ物。殻を人間があけるまで、どっちが多く食べられるか。それは命をかけた勝負であり、そこでは虫であれ動物であれ人間であれ、あくまで対等な立場に立っているのです。

今週のあなたもまた、自分なりの世界観がどのようなものであったのかということに立ち返りつつ、改めてポンと自分を世界の中に置き直してみることがテーマと言えるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ