無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[10/12〜10/18の運勢]10月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

ピカリピカリと

今週のふたご座は、抵抗とそれに伴う発光としての存在証明をしていくような星回り。

「合縁奇縁」という言葉があるように、出会いや人との縁というものは実に不思議なもの。しかしすべての縁が「事」を起こすわけではなく、「事」の起こり方は「心」の運動に大きく左右されていくのです。

南方熊楠という人は「心のとめよう、体のふれよう」で事は起こるのだ、と言いました。つまり人間はさまざまな縁の連鎖や分離、あるいは結合にただ翻弄されるだけではない。縁にみずから働きかけること(=抵抗すること)で、おのずから「起」をもたらすことも出来るのだと。

縁に働きかけるべき「時」を見極めるためにも、まずは絶え間なくあちらこちらをさまよいがちな心をしっかりとめて、遠く離れたところで光るフィラメントやそこにつながる回路や道筋を、よくよく確かめていきたいところです。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

アリのうた

今週のかに座は、なんでもないような言葉がそのまま詩になっていくような星回り。

「秋風や酒肆に詩うたう漁者樵者」(与謝蕪村)という句は、漢文調にしてわざと全体を「絵」のように引き立てている一句。掲句に詠われた「漁者樵者」は単なる漁師や木こりではなく、それぞれ隠者の風貌をもち、また詩人の相をそなえているように見えます。

作者の生きた江戸時代当時は、漢文調が格調高いものとされていましたが、作者はそれを逆手にとって、社会のなかで一番虐げられているはずの人たちをこそ格調高いものとして表現してみせたのです。

今週のあなたもまた、自分が大切にしていきたい日常風景や記憶の光景を、自身のバックグラウンドとして改めて脳裏に刻んでいくといいでしょう。

続きはこちらから
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ