無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[コロナ]「在宅PCR検査キット」は正しく診断される? 検査してみた

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、自分の唾液などを採取・郵送すると検査結果を教えてくれる「自宅PCRキット」が登場しています。自宅で検査が受けられるのは便利ですが、「正しく診療」されて「安全」なのでしょうか? 雑誌『MONOQLO』編集部が実際に試し、医師の方々の意見も伺いながら徹底検証した結果を、2回にわたってご紹介します。

ライフスタイル

2020年9月上旬現在、保険がきく行政主導の日本のPCR検査は、コロナウイルスの疑いがあると医師が判断しなければ受けられない仕組みになっています。無症状でコロナにかかっているか調べたい場合は自費となり、それは約2~3万円と高額。検査ができるクリニックも増えてはいますが、まだ気軽にいつでも受けられるというには遠いです。

そこで登場したのが、「在宅PCR検査キット」。このキットは唾液などの検体を自分自身で採取し、指定されたクリニック等に郵送するとPCR検査結果が届く遠隔キットです。

病院に出向く必要がなく、自宅ですべて完結するため利便性は高そうですが、果たしてこのキットは「PCR検査数が少ない」と言われる日本の現状を打破できるのでしょうか。医師の方々の意見も伺いつつ、徹底検証した結果を2回にわたってご紹介します。

そもそも、自宅のPCR検査キットとはどんなモノなのか? ということでまずは、自宅でできる「PCR検査キット」を購入し、実際に編集部員が試してみました。

今回購入したPCR検査キットは以下の3製品です。

メドラボ
医師によるオンライン診察×
在宅のままできるPCR検査
実勢価格:1万6900円

公式サイトで見る

メドラボ「医師によるオンライン診察×在宅のままできるPCR検査」は、直接医師の採取指導があった綿棒つっこみ式のタイプ。

感染症検査クリニック
PCR検査 検体採取キット
実勢価格:1万6280円

公式サイトで見る

感染症検査クリニック「PCR検査 検体採取キット」は、オンラインの窓口スタッフの指導で唾液を採取します。

GeneLife
新型コロナウイルス唾液PCR検査キット
医師のフォローアップ説明付き
実勢価格:1万4900円

公式サイトで見る

GeneLife(ジーンライフ)「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット 医師のフォローアップ説明付き」は、完全自己採取の唾液検体をポストに投函するタイプです。

それでは、編集部員が実際に試してわかった、それぞれの検査方法や結果が出るまでの流れなどをご紹介していきましょう。

メドラボ
医師によるオンライン診察×
在宅のままできるPCR検査
実勢価格:1万6900円

公式サイトで見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ