無料の会員登録をすると
お気に入りができます

芸術の秋到来!アートに浸れる週末に行きたい関東近郊の美術館3選

今年の秋は旅行など、遠出のお出かけは控える人も多いはず。そこで、都内からアクセスの良い美術館に行って、アートの世界に浸ってみるのはいかがですか?関東から日帰りで行ける関東近郊(山梨・神奈川)の美術館をまとめてご紹介します。

旅行・おでかけ

ユニクロのTシャツでおなじみ「中村キース・ヘリング美術館」

“キース・ヘリング”の作品は、誰もが一度は目にしたことがあるはず。力強い線で描かれたカラフルな作品は1990年の没後も世界中で愛され続けており、80年代のアメリカ美術を代表するアーティストといっても過言ではありません。日本ではユニクロのTシャツがお馴染みです。

「中村キース・へリング美術館」には、そんなキース・へリングの作品が200点近く収蔵されています。館長・中村和男氏が80年代にニューヨークでキース・ヘリングの作品と出会ったことがきっかけでファンになり、作品の収集をスタートし、歳月をかけてどんどん増えていったのだそう。館内の展示は一部エリアを除き撮影もOK!

展示スペースで見られる、とびきりポップな作品たち。この美術館は、80年代の混沌としたアメリカを再現するように、「闇から希望へ」というテーマに沿って暗い通路から明るいスペースへ抜けるつくりになっています。ストーリー仕立てになっているのも魅力のひとつです。

多くの作品からは、なんだかワクワクさせてくれる不思議なパワーを感じます。カフェやミュージアムショップもキース・へリングの作品をモチーフにしたものでいっぱい!八ヶ岳周辺の観光とあわせてお出かけしてみるのはいかが?

中村キース・ヘリング美術館

なかむらきーす へりんぐびじゅつかん

住所: 山梨県北杜市小淵沢町10249-7

TEL: 0551-36-8712

営業時間: 9~17時

定休日: 期間中無休(冬期休業あり、要確認)

料金: 入館料 大人1200円、学生(16歳以上)600円、小人無料

■参考記事:東京から2時間でパワーチャージ!何するか迷った週末はこの美術館へドライブ(配信日:2018.10.06)

海の絶景も一緒に味わおう!「横須賀美術館」

東京湾を目の前に望む、風光明媚な観音崎に立つ「横須賀美術館」。

その環境の素晴らしさから、過去には「日本の絶景美術館 トップ5」にランクインしたこともあるのだとか。

穏やかな海の景色を存分に堪能したら、海を背にプロムナードを歩いて館内へと進みます。

通路の下には展示フロアが広がります。 展示内容もさることながら、絶対に見逃せないのがこの建物そのもの!

建築家・山本理顕(やまもとりけん)氏により2007年(平成19年)に造られたこの建物のコンセプトは、ズバリ“環境全体が美術館”。

吹き抜けを多用した明るい館内も、周囲の環境に調和すべく設計されたそのひとつなのだそう。丸壁の丸窓からやわらかな外光を採り込むこの開放的な空間は、景観と建物を一体化させるために緻密に設計された賜物です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ