無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[10/26〜11/1の運勢]10月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

くびきを解くべく

今週のおひつじ座は、手と足を通して自分なりの真実を見出していこうとするような星回り。

ジョージ・オーウェルの『パリ・ロンドン放浪記』は、著者が戦間期のパリの貧民街やロンドンで浮浪者として過ごした記録が綴られたもの。丹念に人間観察を続けた結果「弱い人間ほど支配者に隷従する」、つまり立場の弱い人間ほど、従順であることにプライドを見出していく、と見破っていきます。

つまり圧政とか暴力的な支配というものは、支配者=加害者の悪辣さや非道さや、そのおこぼれにあずかる取り巻き連中によってだけでなく、支配される側の「自主的隷従」に支えられて初めて成立していくのだという話。

これは現代の日本社会においても会社や学校、家庭などで見出される現実なのではないでしょうか。あなたもまた、ふだんなら見過ごしがちな抑圧や足かせに対していつも以上に反発を覚えやすかったり、それをひっくり返したくなっていくはずです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

月光の底で生きる

今週のおうし座は、美と孤独とをより一層つよく抱え持っていくような星回り。

「沖仲士(おきなかし)の哲学者」と呼ばれたエリック・ホッファーは、7歳で母が死に18際で父が死んでから天涯孤独の身でした。彼は後年、インタビューにおいて「本を書く人間が清掃人や本を印刷し製本する人よりもはるかに優れていると感じる必要がなくなる時、アメリカは知的かつ創造的で、余暇に重点をおいた社会に変容しうるでしょう」と述べていますが、これは現代の日本社会においても同じことが言えるかも知れません。

私たちは生きている。そして働いている。一方で、自分自身の置かれた状況を嘆き、暇があれば愚痴を言い、社会や上司や他人のせいにして、悪者探しと不幸自慢で一生を終えようとしているように見えますが、そんなことにはもうコリゴリだというのが今のおうし座の心境なのではないでしょうか。

ホッファーがかつてそうであったように、例え日々の労働をやめるだけの余裕などとてもないのだとしても、いまここから自生的に立ち上がり、自分なりの知見を深め、知的かつ創造的に文化を創造していくことだってできるはずです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ