無料の会員登録をすると
お気に入りができます

わかりにくい…「不器用な男性」のかまってほしいアピール

恋愛・結婚

男性だって、気になっている女性にかまってほしいと感じることがあるものです。

そういったときに、はっきりとそれを伝えられない男性は、実はこっそりとアピール行動を取っています。

そこで今回は、「不器用な男性」のかまってほしいアピールを紹介します。

「自分の話」ばかりをする

「かまってほしいときには、とにかく自分の話をたくさんしますよね。そうやって注目を集めるしかないかなって思ってしまうので…」(31歳/男性/アパレル)

自分の話ばかりをするのは、単に話したいということだけではなく、アピールのひとつでもあります。

自分に注目を集めたいし、自分のことを知ってほしいから、どんどん色んなことを話したくなってしまうのかも。

特に、自慢話が多い場合には、あなたにいいところを見せたいという気持ちがかなり強くなっているのでしょう。

急に「冷たくなる」

「あまり相手にしてくれないときには、ちょっとイラッともしちゃうので、無意識のうちに接し方が冷たくなってしまうかもしれません」(27歳/男性/IT)

急に素っ気なくなったり冷たくなったりするというのは、典型的なかまってアピール。

興味を引きたいからこそ、あえて冷たく接して、あなたのことをドギマギさせようとしているのでしょう。

素直に自分を出せない男性は、こういった行動を取りやすいので、嫌われたのかもと勘違いしないでくださいね。

「大変アピール」をする

「忙しくて大変だというアピールは、かまってほしいアピールでもあるかもしれません。気になっている女性の前では結構やってしまうかも…」(32歳/男性/WEBデザイナー)

仕事が忙しい、あまり寝ていない、体調が良くない、大きな役割を任された。

こういった“大変アピール”には、「心配してほしい」とか「気にしてほしい」「自慢をしたい」といった思いが込められています。

ただ「すごいですね」とか「大丈夫ですか」などと言われたいだけなので、あまり深く心配をしすぎて振り回されないようにしてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ