無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうしても痩せないお腹…原因は姿勢?ぽっこりお腹解消ヨガポーズ3選

下っ腹ぽっこりが気になる女性も多いのでは?ダイエットなどで他の部分は痩せたのになかなかぽっこりお腹だけ痩せないという方はもしかしたら姿勢が原因かもしれません。姿勢が原因ならばダイエットしてもなかなか効果は上がりません。その理由と解消ヨガポーズをご紹介します。

美容

痩せても解消しない!そんなぽっこりお腹、原因は姿勢だった!

綺麗なボディラインの代名詞といえば、キュッと引き締まったウエストライン。
でもそれと同じぐらい、下っ腹のぽっこりお腹を気にしている女性も少なくないのではないでしょうか。

そんなぽっこりお腹を解消しようとダイエットに励んでもなかなか効果が出ない…
もしかしたらそのぽっこりお腹、姿勢が原因かもしれません。

あなたは大丈夫!?ぽっこりお腹チェックリスト

・仰向けで寝ると腰が痛い
・内股、O脚である
・ハイヒールをよく履く
・足の指の付け根によくマメが出来る
・腰を反ると痛い
・出っ尻である

上記項目、2つ以上当てはまる人は姿勢が原因の可能性大!
姿勢を改善すればぽっこりお腹が解消されるかもしれません。

その改善すべき姿勢とは「反り腰」です!

反り腰で骨盤が前に傾くと、たとえ瘦せ型の人でも下腹が前に突き出され、ぽっこりと強調されてしまいます。
また反り腰は、ぽっこりと下腹を強調するだけでなく、慢性的な腰痛やむくみ、外反母趾などの身体の不調を招く原因にもなり、改善すべき姿勢の一つです。

反り腰の人がターゲットにすべき筋肉

姿勢を改善するとなると、多くの方がマッサージやストレッチなどの、筋肉を緩めることだけに目が行きがちです。

しかし不良姿勢には必ず、その姿勢による過緊張で硬くなっている筋肉だけでなく、筋力が低下している筋肉が存在します。
硬くなっている筋肉は緩め、筋力が低下している筋肉は鍛えてあげることが姿勢改善の近道です。

反り腰の人が緩めるべき筋肉と鍛えるべき筋肉

緩めるべき筋肉
腸腰筋
大腿四頭筋
背筋群

鍛えるべき筋肉
臀筋群
ハムストリングス
腹筋群

反り腰の人は前重心になる為、下半身では前側の筋肉が硬くなり、上半身では後ろ側の筋肉が硬くなりやすくなります。
そしてその逆側の筋肉(下半身では後ろ側の筋肉、上半身では前側の筋肉)が弱くなる傾向があるので、身体をしっかりと中心で支える為にも逆側の筋肉を鍛える必要があります。

ぽっこりお腹解消!3つのヨガポーズ

①アンジャネーヤアーサナ(三日月のポーズ)

三日月のポーズ

硬くなった腸腰筋を緩めます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ