無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ハロウィン気分が盛り上がる♡「おばけの刺繍ワッペン」を作ろう

人気刺繍作家annas先生が教える刺繍連載第8回目は「ハロウィンの刺繍ワッペン」を作ります。仮装まではちょっと、という人でも取り入れやすいので、ぜひ作ってみましょう♡

2017年9月
DIY

さりげなくハロウィン気分を取り入れたい♡

もうすぐハロウィンの季節ですね!年々盛り上がりを見せる一大イベントですが、派手な仮装をしたりするのはちょっと大人にはハードルが高いこともありますよね。

そんな時は、黒の洋服やバッグにつけるだけでグッとハロウィン気分を盛り上げる刺繍ワッペンを作ってみませんか?これなら大人可愛いハロウィンコーデが叶いますよ。刺繍初心者さんも、動画を見ながら挑戦してみましょう!

先生は人気刺繍作家のannasさん!

Media?size=l
instagram.com

幼稚園に勤務したのち、刺繍作家として活動。刺繍教室『Atelier アンナとラパン』主宰。『ワードローブを彩るannasの刺しゅう教室』(高橋書店)他、著書多数。

annasさんのInstagram
連載バックナンバーはこちらをチェック♡

10月の作品

ハロウィンの刺繍ワッペン

今回は、「ハロウィンの刺繍ワッペン」の作り方をご紹介します。おばけ、ジャック・オー・ランタン、魔女の帽子などハロウィンの定番モチーフを刺繍したフェルト地のワッペンです。

図案

(c)Anna Kawabata
刺し方図案ダウンロードはこちら(A4版)

annasさんからのワンポイントアドバイス

ハロウィンモチーフをブローチにしてみましたが、1枚の布に3個刺繍して額に入れて飾ってもかわいいですね。

作り方

instagram.com

手順

1.布の上にチャコペーパーを置き、トレーサーで図案をなぞって写します
2.刺繍枠をはめ、帽子の図案の真ん中で2回針を入れます
3.一針分戻って針を入れます。糸端は短く切っておきます
4.おばけの口部分を刺し始めます。真ん中に一本基準となる線を入れます
5.口のジグザグに沿ってざっくりガイド線を入れ、ガイド線の間を埋めていくように刺します
6.おばけの顔部分の刺繍が終わったら、帽子部分を刺繍します

Media?size=l
instagram.com

7.帽子のリボン部分を刺繍します
8.おばけは足の部分から刺繍し、横の向きでロング&ショートステッチ
9.ブローチの土台にするフェルトを用意します
10.刺繍して切り取ったおばけの裏に接着剤を塗り、フェルトの上に貼り付けます
11.おばけの周りを少し残してフェルトを切り取ります
12.ブローチピンに接着剤を塗り、フェルトの裏側にブローチピンを貼ります

完成!

刺繍のポイント

目や口を先に刺しておくのがポイントです。細かいパーツをあけておいて後から刺すとバランスも悪くなります。図案に書いてある刺し方の順番でチャレンジしてみてくださいね。

今回練習するステッチ

サテンステッチ

図案に色を塗るように、刺繍糸で面を刺して埋めるステッチ。図案の中央から刺し始めて、そこを基準に片側ずつ平行に刺していきます。

instagram.com

ロング&ショートステッチ

サテンステッチよりさらに大きな面積を埋めたい時に使うステッチ。

instagram.com

annasさんのインスタグラムでは「#基本のステッチシリーズ」というタグでこれらのステッチ動画を見て学ぶことができます。ぜひ記事と合わせて見てみてくださいね。

#基本のステッチシリーズ

必要な道具

25番刺繍糸

メーカー品がオススメです。メーカー品の方が艶もあり、初心者でも仕上がりがきれいになります。​(今回はルシアンのcosmoを使用)

ボールペン

スマ・プリに図案を写すときに使います。水性のできるだけ細字のものがおススメ。(詳しくはパッケージをご覧ください)

トレーサー

紙の上からなぞって図案を写す時に使います。ボールペンでも代用できます。

チャコペーパー

服用を買うと細かいところが写らないので「刺繍用」を買ってください。おすすめは片面の「クロバーチャコピークリアータイプ」です。

チャコペン

図案の写し忘れの時に書き足したり、チャコの線が消えてきた場合になぞる際に使います。

糸切りはさみ

和バサミではなく、先の尖ったものが使いやすいです。

刺繍枠

枠を使うときれいに仕上がります。大きな枠はたわむので、しわができやすいです。8cmがおすすめ。

刺繍針

フランス刺繍針を使用します。​刺繍専用の針を使うと糸がスムーズに入ります。​針の太さは、刺繍糸の本数によって使い分けましょう。​メーカーによって番号が違うのでパッケージを参考に。

ピンクッション

針をテーブルなどに直に置いておくと落としたり、なくしたりして危険です。ピンクッションに毎回刺すようにしましょう。

ブローチピン

今回は長さ2cmぐらいのピンを使用しています。

フェルト

今回は2mmの厚さの物を使用しています。イメージしていたオレンジ色がなかったので2mmのフェルトにアイロン接着フェルトを貼っているため、横から見ると2層になっています。

接着剤

今回はフェルト地への接着には「ボンド 木工用」を、ブローチピンの接着には「Gクリヤー」を使用しました。

刺繍道具セット

¥ 2,300

annasさんが使いやすさを重視してセレクトした刺繍道具のセット。8cm刺繍枠、刺繍針セット、チャコペーパー1袋(青2枚・赤1枚)、チャコペン1本入り。

商品詳細
刺繍道具セット
atelierlapin.handcrafted.jp
商品詳細

みんなでTRY!#ロカリ刺繍部

Media?size=l
instagram.com

こちらは、8月の記事でご紹介した「アイスクリーム刺繍のTシャツ」の図案を刺繍して投稿してくれた@haruharu.ntさんの作品。夏らしいグリーンとオレンジのアイスがとてもポップで可愛いですね♡

instagram.com

みなさんの刺繍作品ができたらハッシュタグ「#ロカリ刺繍部」で投稿してください!素敵な作品は、次回の記事やロカリ公式Instagramにてご紹介させていただきます♡

Embroidery Design:annas、Video &Photographs:Tomomi Chijiiwa、Video Edit:Kojun Hayasaka、Mami Okubo(LOCARI)

記事に関するお問い合わせ