無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[筋肉をつけてやせるために!]効率的な食事内容とタイミングについて解説

美容

運動をする際に、運動前後の食事内容やタイミングを意識している方はどのくらいいるでしょうか?運動前後の食事内容やタイミングに気を付けるだけで、効率よく筋肉を付け、脂肪を蓄積しにくい体にすることができますよ。今回は、運動前後の食事内容やタイミングについて管理栄養士が解説していきます。

食事前・食事後の運動の効果

食事前の運動効果

何も食べていない空腹時の体は、血液中の糖が少ない状態(低血糖)です。体が運動などでエネルギーを消費するには、血液中の糖から使おうとしますが、燃やせる糖が少ない時は、脂肪や筋肉を燃やしてエネルギーにします。

食前に運動をすると、基礎代謝が活発になり、食事で摂った栄養素を吸収するときに発生するエネルギーが通常よりも多く消費されます。そのため、食事前の運動は、余分な脂肪を燃やすために効果の高いタイミングと言えます。

食事後の運動効果

食後は、食べ物を体に取り込むことで血糖値が上昇します。その後に消費しきれなかった糖が、脂肪として体に溜め込まれ脂肪が付いてしまいます。食後に運動をすると、糖が脂肪として体に溜め込まれる前に血液中の糖を消費する効果があります。

つい食べ過ぎてしまった時などには、早い段階で運動してエネルギーを消費すると、体に脂肪がつきにくく太りにくい体質を目指せます。

運動前の食事内容とタイミング

注意ポイント

空腹時は血糖値が低下している状態なので、ふらついたり気分が悪くなってしまう恐れがあります。また、脳に酸素やエネルギーが送られにくい状況のため、集中力を保ちにくく、ケガにつながりやすくなる危険性もあります。

体内の栄養が足りない状態なので、自分の筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうため、せっかく鍛えた筋肉も分解されやすくなります。運動前は完全に食事を抜いたりせず、エネルギー源であるご飯、麺類、パンなどの糖質(炭水化物)を忘れずに補給しましょう。

運動30分前の食事

運動直前に脂肪の多い食事や、満腹になるほどの食事をしてしまうと、消化不良を起こし腹痛の原因にもなってしまいます。スポーツドリンクやゼリー状食品、100%オレンジジュース、果物などの消化吸収性が高く、エネルギーに変換されやすい食品がおすすめです。

特にバナナは糖質だけでなく、筋肉の働きを調整するカリウムが豊富に含まれています。運動前に食べることで、筋肉の強化と回復によい効果が期待できます。

【ダイエット中のおやつにも!】管理栄養士おすすめのバナナレシピ

運動1時間前の食事

比較的に消化吸収の早い、炭水化物などの糖質主体の軽食を摂りましょう。小腹を満たす程度の量が◎!おにぎりやサンドイッチ、そばやうどん、カロリーメイトなどの栄養補助食品などがおすすめです。油分が多いものは消化に時間がかかるので、長時間の運動を行う際にはなるべく避けましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ