無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性に「遊ばれない女性」になるために気をつけたい4つのこと

恋愛・結婚

20代後半~30代の恋愛といえば、結婚を意識する人も多いはず。

周囲に結婚する人も多くなり、「私も素敵な人と恋に落ちたい!」と思う人もいるのではないでしょうか。

そんな乙女モードの女性には、時に忍び寄る「男性の黒い影」があるものです。

女性たちのピュアな感情を振り回すような男性には、振り回されないようにしたいですよね。

あなたを懸命に愛してくれる男性を結婚相手として手に入れるべきですし、悪い遊ばれるような女性になってはいけません。

今回は、「遊ばれない女性」になるために気をつけたい4つのことを紹介します。

1.お酒に酔いやすいなら、1人で外で飲まない

「お酒に酔いやすい女性は、話を聞く限りでは飲み屋でできた男友達が多いです。

だからだと思うんですけど、ワンナイトラブが圧倒的に多くて……正直、そんな女性を心から愛するような男性は、まず現れないと思うんですよ。女性なら、少しガードが硬いほうがモテるんじゃないかなって思います」(27歳/男性/看護師)

お酒に弱く、酔うと記憶を無くしてしまったり、判断力を低下させてしまったりするのなら、外で飲むのはほどほどにしておいた方が良いかも。

相手の身元もはっきりしないままに、シチュエーションに流された身体の関係を持ってしまうと、思いも寄らぬ「悪い結果」に繋がる可能性もあります。

お酒に弱いなら、1人でそのような場には行かないこと。

女性としての危機管理は、しっかりしましょう。

2.「恋の駆け引き」で自分の価値を高めてみて

「簡単に手に入ったものほど、人は大事にしないんだと思うんです。スムーズにいくものは熱しやすく冷めやすいんですよ。なので、女性がする恋の駆け引きって、自分の価値を高めるために行うものでもあると思うんです。

その女性のことを本当に好きになってくれる男性なら、駆け引きだとわかったとしてもアプローチをしてくれると思いますよ」(29歳/男性/歯科医)

ピュアな女性ほど「駆け引きは、意地が悪い」と思っていそうです。

恋の駆け引きは、生半可であなたに関わり傷つけようとする男性を、ふるいにかける役割もありますので、実践する価値は十分にありそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ