無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食生活で健康になる。睡眠の質を上げ体をリセットできる5つの食養生

美容

何を食べるかよりも、いつ食べるか

Photo by Gabriele bartoletti stella on Unsplash

朝の目覚めと体の状態は、体調のバロメーター。

☑️何個もアラームをかけないと起きられない

☑️朝疲れが残っている

☑️なんだかだるい、さむい

☑️朝の排便がうまくいかない

☑️お腹が空っぽな感じがしない

こんな朝を迎えていませんか?思い当たる方は、体のリセットが睡眠中にできていないかもしれません。
寝ている間に体内では臓器の修復や脳内の更新が行われていますが、夕食と睡眠のタイミング次第で「消化と修復/更新」が混ざり双方とも上手くいかななくなることから、睡眠の質が下がって次の日に疲れを持ち越してしまったり、なんだか不調のまま朝を始めることになるのです。
健康のためにヘルシーな食事や食事量の調節をしている方が多いと思いますが「何をどのように食するのが健康維持のために良いのか」ということを重要視する食養生では、生活の中での食事のタイミングも大切にします。

体にはそれぞれ働く時間がある

photo by トムセン少佐 on photo AC

なぜ夕食と睡眠のタイミングが大切なのか、それは私たちの五臓六腑(内臓・体の全て)それぞれに働く時間帯があるからです。
中国最古の医学書《黄帝内経》には、子午流注(しごるちゅう)という臓器と気のリズムが示されています。
その中でも寝ている時間に起きていることについてご紹介します。

23:00〜1:00〈子の刻〉

胆経。消化に関係。胆汁の新陳代謝が盛んになる時間帯。この時間に睡眠を取っていると翌朝、頭も体もスッキリとした目覚めができます。

1:00〜3:00〈丑の刻〉

肝経。血液に関係。活動や思考のためにも重要な血液。全身の血液が集まり新鮮な血液にして送り出します。眠る直前までお酒を飲んでいると、その解毒に時間がかかってしまうので注意が必要です。

3:00〜5:00〈寅の刻〉

肺経。肺・全身の気血に関係。肝からの新鮮な血液を全身に送ります。季節に合わせた日の出と共に目覚めて深呼吸をすると、気持ち良い一日が迎えられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ