無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初心者が始めやすい「ベランダ菜園」おすすめ野菜5選

コロナ禍の巣ごもりで家庭菜園を始める人が増えているそうです。お野菜なら育てるだけでなく収穫の楽しみもありますね。家庭菜園といえば真っ先に思いつく「サカタのタネ」に、初心者でも育てやすくおいしくいただける野菜と、栽培のポイントについて教えていただきました。

ライフスタイル

種から育てることの楽しみに加えて、それを収穫して食べられる喜び。未経験だと難しいと考えてしまいますが、ベランダ菜園は意外にも初心者にも優しいのだそう。「ベランダでも野菜はよく育ちますよ。秋は園芸を始めるのにおすすめの時期です。理由は2つ。1つ目は、暑くないので植物の葉が蒸れにくく、病気になりにくいこと。また秋は虫も少ないため、初めての園芸でも失敗しにくいのです。2つ目は、涼しく作業がしやすいことが挙げられます。ただし、寒くなってくると温度管理が難しいので、失敗してしまう可能性も。冬に始めるよりは、春以降の種まきをおすすめします」(サカタのタネ こーぽーレートコミュニケーション部 中野真由さん・以下同)

育てやすくおいしくいただける
ベランダ菜園のおすすめはこれ!

お庭がなくても手軽に始められるベランダ菜園。まずは、育てやすい品種から始めて自信をつけつつ楽しさを体験してみましょう。

彩りはつか大根「カラフルファイブ」
[まきどき 暖かい地域:1~5月、8~11月/寒冷地:4~6月、8~9月]

「カラフルファイブ」220円(税込)

「赤・白・紫・ピンク・薄桃紫色と彩り豊かなはつか大根です。胃腸の働きを整えてくれるジアスターゼや、アントシアニン、ビタミンCなども含まれています。カラフルなのでサラダに彩りを加えてくれますよ。葉は根と合わせて一夜漬けにしても楽しめます」

【育て方のコツ】
「土壌は、ふかふか柔らかく水はけと水もちの良い状態を作ります。間引きを早めに行い、株間を広くして、日当たりと風通しを良く。暑い時期に育てる場合は高温により根形が乱れてしまうので、土壌は素材の有機物がよく分解・発酵した完熟堆肥を充分施しましょう」

あまうま耐病小松菜「はまつづき」
[まきどき 暖かい地域:通年/寒冷地:3~9月]

「はまつづき」330円(税込)

「小型の丸い葉で、ツヤのある濃緑色で、葉軸が太くて味が良い小松菜は、スジが少なく歯切れが良いのが特長。カロテンやビタミンCに加え、鉄分やカルシウムも含む栄養価の高い野菜です。軽くゆでて“おひたし”にしてもおいしいですよ。小松菜など葉物野菜は栽培しやすく園芸初心者におすすめ。」

【育て方のコツ】
「11月に育てる場合は、十分な保温が必要です。屋内でプランターに種まきをし、芽が出たらすぐに外にだします。その後は不織布などの保温資材をかけて、冷たい風が直接あたらないようにするのがコツ」

おてがる ほうれん草「ソロモン」
[まきどき 暖かい地域:8~3月/寒冷地:2~3月、8~10月]

「ソロモン」330円(税込)

「こちらも初心者向けの野菜です。ホウレンソウは抗酸化作用のあるカロテンの多い緑黄色野菜。おひたしやバターソテーなどメインの料理に合わせたサイドメニューとして、和風にも洋風にも仕上げられる調理のバリエーションの豊富さも魅力ですね」

【育て方のコツ】
「暑さ寒さに強いのがホウレンソウの魅力。日当たり、風通し、水はけ、水もちの良い畑で栽培し、土が乾いたら適宜水やりをし、追肥する必要はありません」

やわらか小かぶ「みふね」
[まきどき:暖かい地域:1~5月、8~12月/寒冷地:3~9月]

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ