無料の会員登録をすると
お気に入りができます

サロンでの会話にも役立ちます♡今さら聞けない「ヘアスタイル用語集」

ヘア関連の用語の意味を知れば、美容師さんにどんな仕上がりにしたいか分かりやすく伝えることができます。ヘアカットやカラー、アレンジ関連でよく使われる用語をまとめたので、ヘアサロンへ行く際の参考にしてみてくださいね。

ヘアスタイル

ヘア用語を知ればオーダーも細かくできる!

ヘアカタログなどを見ているとき、「これはどういう意味なんだろう?」と思うことはありませんか? ヘアカットの方法や仕上がりに関する用語など、分かるようになれば自分でオーダーもしやすくなります。

ロープ編みを入れると1つ結びも可愛くなります😍
プラス一手間かわいい色々考えていこう♪
◽︎
◽︎
#ヘアアレンジ #簡単アレンジ #アレンジ動画 #結婚式 #ウエディング #ウエディングヘア #ブライダル #wedding #LADONNA #むぎ #麦島 #hair #hairarrange #haircolor #ハイライト #ラベンダー #外国人風 #instagood #like4like #感謝
instagram.com

ヘアカットやカラー、アレンジ関連でよく使われる用語をまとめたので、ヘアサロンでのオーダーの際やアレンジ動画を見るときに参考にしてみてくださいね。

これだけは覚えよう!基本中の基本

レングス

髪の長さのこと。ショート、ミディアム、ロングなど、長さによって呼び方が変わります。

バング

tiful.jp

前髪のこと。斜めバングやシースルーバングなど、前髪のカットの仕方も様々です。

ブロッキング

カットやカラー、アレンジをしやすいよう、髪の毛をブロックごとに分け、クリップなどで留めておくこと。

カット技法の種類

レイヤーカット

tiful.jp

レイヤー=階層という意味で、髪の上部分が短く、下部分が長くなるようにカットする技法。レイヤーを入れることで、ヘアスタイルに軽さや動きを出すことができます。

ハイレイヤーカット

ハイレイヤーはより大きくレイヤーをつけたもので、軽さや動きを出すとともに、トップにボリュームも出るので小顔効果もあるカット方法です。

シャギーカット

シャギーカットとは「削ぐ」という意味で、毛先を細くカットする技法。髪の量を少なく、軽く見せたいときにするカット方法です。毛先を不揃いにカットするのでラフな感じも演出することができます。

記事に関するお問い合わせ