無料の会員登録をすると
お気に入りができます

選択と集中が成功!「限られた予算のリノベーション」で満足感の高い結果を得る

限られた予算のなかで理想の家造りをする際に悩むのがお金の配分です。どこにどれだけ使うのか? 東日本橋の中古マンションをリノベーションしたYさんの予算はおよそ1000万円。暮らしていく上で、変わらない部分に予算を大きく割り振ったというYさんの家造りの考え方は、参考になりますよ。

インテリア

東京のシンボル、スカイツリーが臨める東日本橋の中古マンションを購入しリノベーションしたYさんご夫婦。お二人とも住まいへのこだわりは強く、家を購入する際は自由にリノベーションができることが条件でした。家探しをしていた5年前に1棟丸ごとリノベーション会社が買い上げ、各部屋を家主が自由にリノベーションできるという現在のマンションと出合い購入を決めました。

「リノベーション会社と打ち合わせでは、理想の家を造れるという期待感を持ちつつも、予算という現実のなかでどう実現させていくかという課題もすぐに見えてきました。我が家の場合は夫婦と5歳の息子の3人家族。10年、20年と月日が流れるなかで、暮らし方の変わる点、変わらない点を精査することから始めました。そして家族が最も集まる場所であるLDKを主軸にし、年月を経ても変わらない壁、床、キッチンの素材に予算の比重を置くことにしたんです」(Yさん・以下同)。予算の振り分けをおおまかにまとめると、

・レンガの壁:100万円
・フローリング材:150万円
・キッチン:100万円
・壁の断熱材:100万円
・家具類:250万円
・その他(設計、人件費など):300万円

合計 およそ1000万円

集中的に予算をかけた場所を中心に、リノベの成果を見ていきましょう。

家の中心であるLDKの壁や床、
キッチンにはお金をかける

予算の約半分をかけたのが、空間の雰囲気をつかさどり、この先もずっと変わらない普遍的なパーツである壁、床、キッチンの素材。Yさんはリラックスできるようにとナチュラルさにこだわり資材を選びました。

100万円以上をかけたレンガの壁は
我が家のシンボル

ご主人が最もこだわったというのがLDKの壁一面のレンガ。レンガ調の壁紙かと思いきや、本物のレンガを積み上げて仕上げたのだそう。「部屋が狭くならないように奥行き5㎝ほどのレンガを半分に割って薄くし、それを職人さんがひとつひとつ積み上げてくれました。圧迫感が出ずに、それでいて落ち着ける色味を探してパーツ屋さんを巡ってしっくりくるこの淡めの赤レンガに決めました。レンガって耐熱性、耐水性に優れているので、熱に強く、カビも生えにくいということで、キッチンの作業台前まで思い切ってレンガにして横に視線が広がるようにしました。施工後5年が経ちましたがレンガ壁で困ったトラブルもありません」

アンティークっぽい色味で落ち着き感を出した
フレンチパインのフローリング

素足で歩くときも心地いいフィット感を求めて床も木のフローリングに。「木のフローリングだとメンテナンスが必要なこともありますが、やっぱり“木風”の床とは足裏が触れたときのタッチが全然違うんですよね。やっぱり温かみを感じるというか、リラックスにもつながると思い、床はエイジング加工されたフレンチパインという材質のフローリングにしました。色はアンティークっぽい色味に惹かれて選びました。経年変化も味になるなと考え、あえてワックスなどは塗らずに無垢なままを楽しんでいます」

ナチュラルさのなかにスパイスをひとさじ。
キッチンの天板はステンレスの1枚板を採用

アイランド型のキッチン。調理器具や、家電、ゴミ箱、食器に至るまで全て見えないよう内側に収納。

頻繁にホームパーティをするYさんは、キッチンをオープンにしたいという思いが強く、アイランドキッチンを選択しました。「キッチンとしての機能は果たしつつも、皆がくつろぐリビングにもなじむものにしたいと思いベースは木目調を選択しました。本物の木ではないので、メンテナンスも楽だし費用も抑えられました。でもインテリア的に緩急をつけたいなと思い天板をステンレスにしてモダンさを加えました。日々使っていくうちに細かい傷などはついていきますが、レストランの厨房感が出て気に入っています。また掃除がしやすいのもいいところです」

殺風景になりがちなトイレは
一面をレトロな雰囲気のタイル張りに

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ