無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[電動歯ブラシ]500円の格安モデルってアリ? 信頼できるのはコレ

コロナの影響で生活が大きく変化したなかで、こんな時代だからこそ生まれた、性能も価格も譲らない注目家電をピックアップ。今回は、気軽に買いやすい1000円以下から5000円までの格安電動歯ブラシ6製品を比較。歯科医とともに検証した結果をお伝えします。

ビューティ

コロナ禍に見舞われたこの1年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなったアイテムを紹介します。今回は、歯の健康を手軽にキープできる格安電動歯ブラシです。

1000円以下のものから5000円台のリーズナブルな電動歯ブラシを6製品ピックアップ。本当にしっかり磨けるのか、「使いやすさ」と「汚れ落ち」の2点をしっかり検証しました。

検証には、神保町タワー歯科・矯正歯科 院長の越智信行先生に6製品を実際に使ってもらうとともに、模型での汚れ落ちも評価してもらいました。

それでは6製品比較の結果を見てみましょう!

フィリップス
ソニッケアー イージークリーン HX6512/06
実勢価格:4925円
充電時間:24時間・約2週間使用可能
対応電圧:AC100-240V(海外対応可能)
付属品:プロリザルツブラシヘッド1本、充電器

今回のベスト獲得は、フィリップス「ソニッケアー イージークリーン HX6512/06」です。汚れ落ち、使いやすさともに抜群の評価。一家に1台、家族でブラシを替えてシェアするのもいいでしょう。

やや大きく重いものの、疲れるほどではなく、安心して使えます。

細かい振動で汚れ落ちがよく、歯の裏や溝、奥歯など、磨きにくい部分もキレイになりました。世界シェア1位の信頼感があります。

パナソニック
音波振動歯ブラシ ドルツ EW-DM62
実勢価格:5700円

2位はパナソニック「音波振動歯ブラシ ドルツ EW-DM62」。1位には及ばなかったものの、実力は十分。充電台に置いて充電でき、ブラシ部分を一緒に立てて置けるところにも日本製らしい配慮が感じられます。

ノーマルとソフトの2モードで、シンプルな設計が使いやすいです。

同メーカーの上位機種を簡素化した印象ですが、磨き心地はよく、細かい部分も磨けました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ