無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[おいしいレシピ]ぽん酢でつくる「牡蠣と野菜のオイル蒸し」

レシピ

レシピ提供・文・撮影 松井緋音さん

フードスタイリスト。レシピ開発・調理・スタイリング(テーブルコーディネート)など、企業の広告やCMのフードスタイリングを手がけ、2018年4月に独立。「目が喜ぶ。見るだけでおいしい。」を研究中。フルーツとの組み合わせ料理が得意。

老舗の醤油屋さんがつくる「ぽん酢」が届きました

瀬戸内海に浮かぶ広島県江田島の老舗醤油屋「濵口醤油」さんから、ぽん酢が届きました。
江戸時代から170年以上、素材の味にこだわった醤油づくりを行ってきた濵口醤油さん。
看板商品の「玉萬寿(たまます)醤油」は、人気のラーメン店や飲食店でも使われているそう。

今回ご紹介するぽん酢は、玉萬寿醤油に「柚子」「すだち」「橙」の3種類の国産柑橘がブレンドされ、まろやかな酸味とやさしい味わいが特徴です。
さらに鹿児島県枕崎産の厚削りカツオが漬け込んであるので、深みのある旨味も感じられます。
化学調味料不使用で、おいしいだけでなく安心して食べられるのもうれしいポイント。

口に入れるとすぐに醤油のコクと旨味が感じられ、他の食材と合わせても、ぽん酢の味がボヤけることなくしっかりと伝わってきます。
酸味の強いぽん酢が苦手、という方にもおすすめです。

これからの季節は鍋のつけだれにもいいですが、今回は、ぽん酢を使って「牡蠣と野菜のオイル蒸し」をつくりましょう。
ぽん酢そのもののおいしさを活かすため、味付けはぽん酢のみ!おいしく簡単につくれるレシピをご紹介します。

「柚子・すだち・橙と厚削りカツオのぽん酢」はこちら

冬の食材をぽん酢で味わう
「牡蠣と野菜のオイル蒸し」

<材料>2人分

・牡蠣(今回は加熱用を使用しました)200g
・小松菜 2束
・ニンニク 1片
・生姜 1片
・オリーブオイル 大さじ1
・酒 50ml程度
・ぽん酢 大さじ1
・大根おろし 大根1/4本分
・万能ネギ 適量
・片栗粉 大さじ3~4

1、牡蠣の下処理をします。牡蠣をボウルに入れ、片栗粉を大さじ1程度加えてなじませます。
牡蠣が半分浸かるくらいに水を入れ、よくもみ洗いします。牡蠣は身がやわらかくつぶれやすいので、力は入れずにやさしく洗うことがポイントです。
特にヒダの部分は汚れが残っているので念入りに洗いましょう。

汚れが片栗粉に移り黒くなったら、たっぷりの水ですすぎます。何回か繰り返すと汚れが落ちるので、3~4回を目安に繰り返します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ