無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年の運勢を星座別に解説! 人気占い師・佐藤ただすけ 監修

占い

絶対運命好転! 2021年の運勢。

未曾有の事態を受けて世界が大きく変化した2020年。
年末には「時代の転換点」を迎え、2021年から新しい時代へと突入します。
そこで、いち早く時代の波をつかんで運を味方につけるヒントを人気占い師の佐藤ただすけさんに教えてもらいました。

12/22から風の時代へ! 自立と調和をテーマに2021年を生き抜こう!

2020年は、いわば新しい時代の前哨戦。
時代の変革を迎えた2021年は、いったいどんな年になるのでしょう。
新時代を賢く生き抜き、幸せをつかむ人の特徴を聞きました!

自分自身で心を満たし“個”を確立していく

2020年の12月22日に、約200年続いた「地の時代」から、「風の時代」へと大きく転換します。これは、木星と土星が重なる「グレート・コンジャンクション」が約200年ぶりに風のエレメント(水瓶座)で起こることに由来します。

地の時代は「愛と平和」がテーマでした。ここでいう愛とは、自己愛や自己肯定感のこと。風の時代は、「自立と調和」がテーマに。それまで築き上げてきた「愛と平和」をベースにして動き出します。

自分を大切にしている人や、自分に自信のある人ほど成功を収めやすい時代。「私なんて」という言葉や、自己否定がクセになっている人は、自分自身に愛を向けてあげてください。自分の好きなことをするのも、立派な自己肯定! 一日一善ならぬ、“一日一愛”で、自分の価値を高めていきましょう。

また、これからは“個”にスポットが当たり、多様性が求められる時代です。ひとりひとりが自分の意見を持ち、自由に自分らしく生きる。そんな精神的な自立が必要に。個々が自立していれば、自然と周りとの調和も取れるようになります。

なぜかというと、足の引っ張り合いが起こらないから。自分は何が好きで、何をやりたいのか、自分自身にフォーカスするときです。焦らず、肩の力を抜いて進んでいきましょう。

【牡羊座】《 3/21 〜 4/19 》

理想というゴールを掲げて計画を!

やりたいことを計画・発信! 未来の方向性が定まる1年に

急な仕事内容の変更やスタイルの変化を求められた2020年の牡羊座。新しい環境に悪戦苦闘した1年を経て、今、あなたは新しい物語を紡ごうとしています。2021年は自分がどうなりたいかを考え、未来を見据えるところから物語が始まります。

この1年は“インプット&アウトプット”がテーマに。思い描くゴールに向かうためには情報収集が必要不可欠。その“インプット”をもとに道筋を立て、「こうなりたい」という理想を発信していきましょう。その“アウトプット”が周囲を巻き込む力となり、未来への推進力が格段にアップ。

何かを始めようと計画していても、なかなか行動できなかった人は、どんどん実行に移していくといい運気です。また、2020年に決着がつかなかったことも、2021年に入ると一気に動いていきます。一番運気が上がる3〜4月の間に動き始めるか、人によっては2021年の上半期のうちに着地点が見えてきて、年内には気持ちよく終止符が打てそうです。

恋愛運は良好。相手が高嶺の花でも、「私なんて」と自分を卑下するのはもったいない! 一方通行のコミュニケーションをやめて相手を気遣えれば、チャンスは必ず巡ってきます。3月末〜5月に自分から連絡するなどアクションを起こしていくとロマンスが盛り上がりそう!

自分の考えを伝えるのが上手なリーダー気質の牡羊座。2021年は、アイデアがたくさん降ってきます。ですが、自分で強く言うよりも周りに伝えて、一歩引いた立場にいるほうが成功を収めやすいでしょう。サポート役に徹すると、5〜6月ごろにいい流れに乗れるはずです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ