無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年の運勢を星座別に解説! 人気占い師・佐藤ただすけ 監修

占い

【牡牛座】《 4/20 〜 5/20 》

本来の自分を取り戻して原点回帰

必要なモノを取捨選択して本当の幸せを噛み締める年

2020年の牡牛座は“愛”がテーマでした。家族のあり方や恋人、パートナーとの関係に、よくも悪くも変化の多かった1年だったのではないでしょうか。そして、迎える2021年。それまでのゴタゴタが嘘のように落ち着き、“雨降って地固まる”年になります。

牡牛座のテーマは“オリジナル”。原点に戻り、自分らしさといったことを強く意識するでしょう。自分をよりよく見せたくて無理していたことをやめて、自分らしく生きられる1年になります。

単身赴任やひとり暮らしをしていた人は、家族のもとに戻ることになるかもしれません。人間関係も含めて、身の回りの物事を断捨離することで、あなたの思い描く幸せの形が見えてくるでしょう。なかには夢を諦める人もいるかもしれませんが、それはネガティブなことではなく、人生の方向転換という意味です。

対人運や家族運が好調なのは5〜6月ごろ。その時期に結婚したり、マイホームを建てたりと、人生のひとつの節目を迎える人は多いでしょう。

自分に素直になれる年なので、無理したり背伸びしたりの恋に決着をつけられそう。不要な関係を断捨離して身軽になったところで、次の恋の歯車が動き出します。長年片想いしている人は1〜2月に新たな出会いや急展開の予感♡ 2020年に別れた人は復縁の可能性も。

自分らしさを取り戻した2021年のあなたは、岐路に立っている状態だと思ってください。7〜8月が勝負のとき。自分はこのままでいいのか、本当はどんな道に進みたかったのかを考える機会が多くなりそう。仕事が充実している人は、年末までに結果が出せるはず。

【双子座】《 5/21 〜 6/21 》

心のままに前進あるのみ!

人間として成長することで周囲との関係は良好に

2020年の双子座は自分の欠点と向き合うことが多い1年でしたが、2021年は“ラブ”がテーマに。内に向いていた意識が“愛”の影響を受けて、外の世界に向くようになります。恋愛というよりも人間愛のようなものを強く意識する年になりそう。交友関係が充実したり、新しい趣味を持ったり、急に資格の勉強を始めたりすることもあるかもしれません。

双子座は好奇心旺盛なタイプなので、「よく分からないけど、楽しそうだからやってみようかな」と、ノリと直感で未知の世界に飛び込んでいける人。特に、行動的になれる2021年の上半期は旅行が幸運を呼び込むでしょう。

知らない場所には、自分がまだ手にしたことのない新しいエネルギーが満ちています。それを取り込むことで視野が広がり、自分自身のキャパシティも広がります。ワクワクすることに触れて心を満たしながら、人間としての器も大きく育つ年に。充実したあなたの周りにはたくさんの人が集まり、新しい人間関係が築けそうな予感。

2021年の恋愛運は良好で、特に6月にモテ期到来。ドラマティックな恋愛より、ありのままの自分でいられる等身大の恋愛を経験することになりそうです。たとえ紆余曲折があったとしても、年末までには自分が心から一緒にいたいと思える人が見つかるでしょう。

2021年は職場の人との人間関係をよくしておくことで、仕事がはかどる場面が多くなりそう。“愛”がテーマの年なので、自分と自分の味方を大切にすることで周囲のサポートが期待できます。あなたの足を引っ張るような人とは、できる限り距離を取るようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ