無料の会員登録をすると
お気に入りができます

相手を元気づける《励ましの言葉》集。上手なかけ方や注意したい点もご紹介

恋愛・結婚

相手を元気づける《励ましの言葉》をご紹介!

片思いの彼や恋人が仕事で落ち込んでいるとき、友達が失恋をしてしまったときなど、自分の大好きな人が落ち込んでいるときになんて声をかけたらいいんだろう…そう戸惑う気持ちを感じたことがある人も少なくないでしょう。

励ましの言葉は、時と場合によっては相手の重荷になってしまうこともあるので慎重に選ぶべきものです。今回は、傷を抱えた相手を元気づける励ましの言葉や上手な声のかけ方、声をかけるタイミングなどをご紹介します。

効果的な励ましの言葉で、相手の心にそっと寄り添いましょう。

目次

相手を元気づける励ましの言葉5選

unsplash.com

効果的な励ましの言葉をかけてもらったとき、人はふわっと心が軽くなるものです。大きな傷も励ましの言葉ひとつで、少しだけ小さく丸くなるかもしれません。

それほど、人の温かな言葉は癒やしと勇気を与えてくれるのです。では、仕事や恋愛で相手が落ち込んでいるとき、一体どんな言葉が弱った心に響くのでしょうか。

ここでは、弱った相手を元気づける励ましの言葉を5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

励ましの言葉①「私でよければ聞かせて」

励ましの言葉ひとつめは「私でよければ聞かせて」という相手を受け入れる言葉です。とくに相手が人に頼ることが苦手なタイプだったときは、さらに効果的な励ましの言葉になるでしょう。

何でも自分で解決しようと考える人は、悩みや傷を受けても人に「助けて」とSOSを発信できないことが多いです。なんとなく元気がないな、と感じたときにタイミングを見て「何かあった?」と声をかけてみましょう。

相手が悩みを抱えているようならそっと「私でよければ聞かせてね」という励ましの言葉で、相手のSOSを自分から導いてあげてくださいね。

励ましの言葉②「あなたはよく頑張っている」

仕事で大きなミスをして落ち込んでいるとき、スランプで辛いときに「あなたはよく頑張っている」という励ましの言葉は、心にジンと沁みるもの。

空回りの努力で落ち込んでしまったとき、人は「誰かに認めてほしい」という救いを求める思いを抱えます。

仕事でだけでなく、相手に尽くす恋で疲れてしまっている人にもおすすめな励ましの言葉なので、好きな人や友達が弱っているときには、ぜひ「あなたはよく頑張っている、私が一番知っているよ」と励ましの言葉をかけてみましょう。

励ましの言葉③「朝まで付き合うよ」

元気づける相手が大きなストレスやショックを抱えているとき「朝まで付き合うよ」という励ましの言葉がおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ