無料の会員登録をすると
お気に入りができます

相手を元気づける《励ましの言葉》集。上手なかけ方や注意したい点もご紹介

恋愛・結婚

かけ方②優しいトーンで話しかける

元気づける相手が普段はノリのいい友達や、あっけらかんとした性格の相手だった場合でも、いつもの調子で声をかけるのは避けたほうが無難です。

落ち込んでいる原因や理由によっては、明るいトーンはNGです。「どうしたの?らしくないじゃん!」など、良かれと思って発した言葉が相手をさらに追い詰めるきっかけになることもあります。

相手の心のダメージがわからない時だからこそ、いつもより優しいトーンで励ましの言葉をかけましょう。

かけ方③長所に気づかせる

仕事でのミスや失恋、人間関係で落ち込んでいる時、どうしても自分に対する自信を失ってしまうものです。

「自分ってどうしてこうなんだろう」や「こんな自分、嫌だな」と、自分の嫌いな部分にばかりフォーカスを当ててしまうので、そんなときには長所に気づかせる励ましの言葉をかけてみましょう。

失いかけた自信を取り戻させることが相手の勇気や前を向くきっかけに変わるはずです。

かけ方④相手を否定しない

励ましの言葉をかけるときに相手を否定するのは避けましょう。例えば、仕事でのミスや対人関係のトラブル、恋人との喧嘩など、落ち込んでいる本人にも非がある場合もあります。

しかし、傷を負った相手に「あなたのこういうところが悪かったかもね」など否定の言葉を入れると相手の傷をえぐってしまう原因になります。

つっこみたい箇所があってもスルーしてとにかく聞く、肯定してあげる、話し上手よりも聞き上手に徹する、というスタンスを貫くことが、相手を元気づける上手な励ましの言葉のかけ方になるのです。

かけ方⑤スキンシップを意識する

深く落ち込んで孤独を感じているとき、人の優しさが心身共に沁みるもの。相手の話を聞きながらさりげなく手をそっと重ねてみたり、背中をさすってあげるなど、スキンシップを取り入れてみると効果的です。

人の体温は安心感を与えるので、励ましの言葉をかけ、相手の話にしっかり耳を傾けながらスキンシップを意識することで、より効果的に相手を元気づけることができますよ。

励ましの言葉をかける時に注意したい点

unsplash.com

相手を元気づけるための励ましの言葉でも、言葉のかけ方や聞き方次第で相手に不信感を与える原因になりかねます。

度が過ぎると嫌悪感を抱かれてしまうこともあるので、励ましの言葉をかけるときは注意点をきちんと意識することが重要です。

ここでは、励ましの言葉をかけるときに注意したいポイントをご紹介します。効果的に相手の心を癒やすためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ