無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コンビニ蕎麦でもOK[蕎麦ダイエット]効果を高める秘訣は「生卵」?その理由は

忙しい時に何かとお世話になるのが「蕎麦」。麺類の中ではダイエット中でもオススメ。蕎麦粉のタンパク質やビタミン、の他、肝臓のケアにも働くルチンも含まれる健康食材です。本来なら蕎麦粉が豊富な本格そばが理想ですが、コンビニやスーパーの蕎麦でも太りにくい食べ方が「プラス生卵!」なのです。

ビューティ

蕎麦がダイエットにオススメな理由

蕎麦はダイエットに効果的!蕎麦は、「蕎麦の実ダイエット」やテニスプレイヤー・ジョコビッチ選手の食事本で推奨されるなど、ダイエットやエイジングケアなどに非常に優れた抗酸化食材です。
理由は蕎麦に含まれる「タンパク質やビタミンB群」。特に「レジスタントプロテイン」と呼ばれる脂肪の吸収を抑制する栄養素や、血管の若返りや脂肪肝予防、細胞再生などの効果を持つ「コリン」「ルチン」が豊富。麺類の中では血糖値が上がりにくいダイエット向きの食材といえます。

1・新鮮な打ちたての「生蕎麦」

1・新鮮な打ちたての「生蕎麦」を!

空気に触れることで栄養素が逃げます。やはり打ちたてがベスト。袋入りの蕎麦も開けたてを食べましょう。

2・蕎麦粉の割合が高い「十割蕎麦や二八蕎麦」栄養価の優れた「韃靼蕎麦」

2・蕎麦粉の割合が高い「十割蕎麦や二八蕎麦」栄養価の優れた「韃靼蕎麦」がおすすめ

栄養価が高い蕎麦粉が多く繋ぎの小麦粉が少ないことが理想。小麦粉が多いと糖質が多くなり、残念ながらダイエット効果は弱くなります。蕎麦の種類では黒蕎麦と言われる「韃靼(ダッタン)蕎麦」はルチンなどの栄養価が豊富だといわれています。

3・栄養素が溶け出した「蕎麦湯ごと」

3・栄養素が溶け出した「蕎麦湯ごと」いただくのがダイエット効果を高めるコツ

おうち蕎麦でも、最近では、乾麺で蕎麦湯を飲めるタイプも出ていますからお試しを。

ただ、おうち時間が増える今、何かとお世話になるスーパーやコンビニの蕎麦。つなぎの小麦粉で糖質が増える分、ダイエット効果が弱くなるのは事実ですが、でも大丈夫!コンビニ蕎麦でも太りにくい、超簡単な食べ方をご紹介します。

コンビニやスーパーの蕎麦でも太りにくい食べ方は「生卵」にアリ

手軽に蕎麦のダイエット効果を補うのが、ズバリ「生卵」。

温かい「かけ蕎麦」だけでなく、冷たい「もり蕎麦」「とろろ蕎麦」などなんでもOK、生卵を絡めながら食べることがポイント!photo by Adobe stock

温かい「かけ蕎麦」だけでなく、冷たい「もり蕎麦」「とろろ蕎麦」などなんでもOKです。生卵を絡めながら食べると喉越しも良い!
卵の動物性脂肪が、小麦に含まれる糖質の血糖値の急上昇を緩やかに。さらに、黄身には蕎麦同様の「コリン」が含まれ、ダイエットに必要な脂肪代謝や細胞活性を助けます。また、動物性タンパク質は蕎麦の植物性タンパク質と相乗効果で吸収をアップします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ