無料の会員登録をすると
お気に入りができます

不器用すぎるあなたにおくる「簡単ヘアピンアレンジ」大公開!

ヘアスタイル

おくれ毛を留めるだけじゃない!

「ヘアピン」と聞くと、ピョンピョン飛び出してくるおくれ毛を留める“道具”のイメージがありますよね。もちろん、使い道としては正解!…ですが、「ヘアピン」は単におくれ毛を留めるだけの道具ではないんです。

ヘアピンは留め方次第でオシャレなヘアアクセサリーに大変身しますよ。色も、黒やブラウンだけでなく、ゴールドやカラフルなものがあるので、大いに活用してみませんか?

「わたし不器用だし…」そんな人も心配ご無用!ヘアピンを使ったことがあれば大丈夫ですよ。早速アレンジを楽しんでみましょう♡

基本の使い方(隠しピン)をマスターしよう

「ヘアピン」にはいくつか種類があります。それぞれに適した用途があるのをご存知ですか?目立たせたくないからスモールピン、抜けにくそうだから玉付きピン…というわけではありません。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

アレンジを髪の上でしっかり留めたい時は「玉無しのアメピン」、お団子のように頭に固定したい時は頭皮に優しい「玉付きのアメピン」を使います。後れ毛のような少ない髪を留める時はスモールピンを選ぶと◎。

隠しピンのアレンジ

hair.cm

ピンが見えないのに、アレンジスタイルをしっかりキープできる「隠しピン」。留めたい部分に留めるだけでは強度に欠け、すぐに崩れてきます。まずは、ねじりハーフアップで隠しピンの挿し方をマスターしましょう。

どうしても、下からすくい上げるように留めてしまいがちですが、正解は“逆方向”。いったん、ピンが地肌につくように立てて土台の髪をすくってから、逆方向に押し込みます。すると、しっかり留まって引っ張っても崩れません。

hair.cm

バランスよくまとめるのが難しい「ゆる団子」。崩れるのが心配で、ピンをたくさん使いがちですが、留める位置とピンの向きさえ間違えなければ、1本でも十分留まります!

ゴムに髪の毛を巻き付けたら、ピンを少し広げた状態でお団子の根元と巻き付けた髪を挟みます。頭皮に対して、いったんピンを垂直に立て、土台の髪をすくうようにピンを倒して押し込みます。

記事に関するお問い合わせ