無料の会員登録をすると
お気に入りができます

料理に落し蓋をする意味は?効果、代用品、活躍レシピまとめ!

レシピ

和食に欠かせない落し蓋の意味って?

煮物など、和食料理を作る際によく登場する「落し蓋」ですが、落し蓋を使う意味や役割についてはご存じでしょうか?普通の蓋を使うよりも落とし蓋を使った方がお料理がおいしくなるのか?今回は、ちゃんと意味のある便利な落し蓋について、詳しくご紹介!

落し蓋とは

落とし蓋とは、素材に味をよく染み渡らせるために使う蓋のこと。鍋の胴回りよりも少し小さめのため、使う際は素材に直接蓋をするように使います。

かつては木で作られたものが大半だった落し蓋ですが、最近ではシリコン素材を使ったものや、見た目がかわいらしいものも増えてきました。

落し蓋をする意味

実際に落し蓋をすることは、どのような意味があるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

煮汁が全体に行き渡り、味が染み込む

落し蓋を使うことによって、鍋の中の煮汁が少なくても全体にしっかりと行きわたり味がなじみやすくなります。 素材に味がよく染みるだけでなく、吹きこぼれを防いでくれる効果も。短時間で上手に煮物を作りたい時に便利なんですよ。

材料の煮崩れが少ない

蓋の下の食材を優しく押さえてくれるため、煮ている間に材料同士がぶつかり合って煮崩れてしまうことを防ぎます。

魚の嫌なニオイなどを逃がしてくれる

魚料理を作る際、どうしてもニオイが気になってしまうことがありますよね。そんな時にも落し蓋はおすすめです。落し蓋をすることで魚の生臭さが蒸気と一緒に逃げ、鍋の中に残らなくなります。おいしい香りだけが残ってくれるため、おすすめですよ。

落し蓋をしないとおいしくないの?

落し蓋をすることによって得られる意味についてご紹介しました。あると便利な落し蓋ですが、必ずしも必要なのでしょうか。

結論から言うと、必ずしもないといけないものではありません。落し蓋がなくてもおいしく煮物を作ることはできます。ですが、落し蓋をせず煮物を作ると、加熱度合や味自体にムラが出てしまうこともあります。

それほど料理をする頻度が高くないという方や、和食はあまり作らないという方は、わざわざ買うのはもったいなく感じてしまいますよね。そんな時は、家にあるものを使って代用しましょう。

キッチンにあるもので落し蓋を代用

おいしい煮物を作りたいと思ってレシピなどを検索すると、「お鍋に材料を入れ、落し蓋をして煮込む」といった工程を見かけますが、ご自宅に落し蓋がない方も多いですよね。ご家庭によくある、落とし蓋の代用になるものをご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ