無料の会員登録をすると
お気に入りができます

チキンかあさん煮だって完璧に再現♩「大戸屋風」のレシピ10選

外食チェーンの「大戸屋」をご存じでしょうか。素材と店内調理にこだわった定食屋さんです。今、その大戸屋のメニューを再現したレシピが人気なんです。今回はそんな大戸屋を真似た「大戸屋風」のレシピを紹介いたいます。

sakura

レシピ

大戸屋風のレシピを試す人続出!

手ごねハンバーグのデミシチュー定食 ◆期間限定・復興支援メニュー

復興支援メニュー第2弾、本日より販売しております!

ハンバーグはお店で丁寧に手ごねして焼き、大戸屋特製のデミグラスシチューと合わせました。隠し味の仙台味噌でコクがプラスされたデミグラスシチューがとろけたチェダーチーズとハンバーグの旨みを引き立てます。 ※こちらの商品の収益より、1食あたり20円を「認定NPO法人カタリバ」が運営するコラボ・スクールに寄付させていただきます。「コラボ・スクール」は、宮城県女川町、岩手県大槌町、熊本県大益町にある、被災地の子供達のための放課後学校です。

1,110円[税込1,198円]

2017年 大戸屋期間限定・復興支援メニュー

#大戸屋 #ootoya #定食 #ご飯 #日本食
#和食 #washoku #japanstyle
#foodpic #foodphoto #foodpics
#食育 #煮込みハンバーグ #デミグラスソース #復興支援
#2017年大戸屋期間限定メニュー
instagram.com

大戸屋(おおとや)とは、素材と店内調理にこだわり、「にっぽんの食卓ごはん」をお手本にした和食中心の定食屋さんです。メニューは家庭料理的なものが多く、「チキンかあさん煮定食」と名付けられた鶏肉のみぞれ煮定食や、たっぷりの野菜サラダにコロッケ、竜田揚げ、目玉焼きを盛り合わせた「特選大戸屋ランチ」などが人気です。

今、そんな大戸屋の家庭的なメニューの数々を家庭で再現したレシピが人気を集めているんです。食べに行けなくても作っちゃえばOKと、健康志向や節約志向の人たちの間でひそかなブームになっています。今回は大戸屋のおかずを再現した「大戸屋風レシピ」を紹介いたします!

1. 大戸屋黒酢あん炒め

大戸屋不動の人気NO.1メニュー「黒酢あん炒め」は、鶏の竜田揚げと、素揚げした野菜を黒酢あんでからめたもので、真似する人がいちばん多い人気レシピです。

作り方は、鶏肉をニンニク、生姜、塩などで漬け込み、片栗粉をまぶして揚げます。ジャガイモやレンコンなどの野菜を素揚げし、鶏肉と合わせて黒酢タレをからめます。最後に片栗粉であんにとろみをつけて完成です。

レシピあり!大戸屋の鶏と野菜の黒酢あん風 | りんさんのお料理 ペコリ by Ameba - 手作り料理写真と簡単レシピでつながるコミュニティ - http://pecolly.jp/user/photos_detail/2304987

2. 大戸屋ばくだん丼

山芋、納豆、オクラなどのネバネバ素材と、マグロを盛り付けた「ばくだん丼」。醤油をかけ、生卵と一緒に豪快に掻き混ぜていただく人気丼です。

作り方は、どんぶりに温かいごはん(または酢飯)を盛り、すりおろした山芋、納豆、刻んだオクラ(お好みで茹でてもOK)、刻んだ海苔、マグロをのせ、最後に生卵を割り入れて完成です。

snapdish.co

3. 大戸屋風お豆腐サラダ

たっぷりの野菜にお豆腐をトッピングした「お豆腐サラダ」。大戸屋のお豆腐はお店の手造りなんですよ。

作り方は簡単。お好みの野菜を器に盛り、ひと口大に切ってしっかりと水切りしたお豆腐をのせます。たまには、いつもより少し高級なお豆腐を使ってみるのもいいですよね。和風ドレッシングや胡麻ドレッシングをかけていただくのがおすすめ。

豆腐サラダ | としちゃんさんのお料理 ペコリ by Ameba - 手作り料理写真と簡単レシピでつながるコミュニティ - http://pecolly.jp/user/photos_detail/4939825?offsetId=4939825&offset=24&photoType=all&

4. 大戸屋風チキンかあさん煮

「チキンかあさん煮」は、やさしい醤油ベースのタレでチキンカツを煮込み、大根おろしをトッピングした大戸屋の人気メニューです。メニューのネーミングが家庭料理を連想させますね。

作り方は、鶏肉に塩コショウをし、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて油で揚げます。お好みの野菜を素揚げします。めんつゆを煮立たせたお鍋にチキンカツを入れ、半量の大根おろしと一緒に煮込みます。さらに野菜を入れてひと煮立ちさせます。お皿に盛ったら、大根おろしとネギをたっぷりトッピングして完成です。

snapdish.co

5. 大戸屋風バジルチキンサラダ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ