無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は簡単…!? 水族館で超かわいい写真が撮れちゃうコツ・前編 #30

エンタメ

【カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク】vol. 30

今回もプロカメラマン、佐藤朗先生に撮影テクをお聞きしましたので、2回にわけてレポートします。まずは水槽を撮るときの基本からスタート!

水槽を撮るときのコツって?

水槽越しに撮影すると、ガラスに自分の姿やカメラが写り込んでしまってうまく撮れない……なんてこと、よくありますよね。特に、水槽の外が明るい状況では、自分の姿がバッチリ写ってしまいます。そんな写り込みを防ぐには、できるだけスマホを水槽に近づけて撮影するとよい、とのこと。

上の写真は同じ水槽を撮ったものです。左の写真にはスマホが写っていますが、右ではカメラを水槽に近づけたため写り込みが防げました。水槽の中は明るいので、スマホをガラス面に近づければブレ防止にもなるそうです。

魚の撮り方、入門編

それでは魚を撮ってみます。まずは動きの少ないサンゴの撮影からチャレンジ。

何も考えずに撮ると、ただの水槽を撮っただけになってしまいます。これではおもしろい写真にならないので、最初に「構図」を考えるとよいそうです。どこからどこまで撮ろうか、と想像を膨らませるのがポイント。そして「露出」は構図を整えてから、撮影時の状況で判断するとよいそうです。撮影の際には、できるだけレンズをガラス面に近づけることも大事な点なので忘れずに!

ということで、形がユニークなサンゴに近寄って撮影。思ったよりも水槽の中が明るかったので、露出補正で少し暗くしてみました。

さらに、水槽から離れて撮りたい場合は、なるべく斜めではなくガラス面に平行になるように撮ると照明の反射も少なくてすむそうです。

動き回る魚の撮り方は?

次は、動きが活発な魚を撮る場合のコツについて教わります。タイミングよく、またブレることなく魚を撮るには、どのような点に気をつければよいのでしょう? 試しに、金魚を追いかけて何枚か撮ってみたのですが、どれもブレブレ。かなり難しいです。

この場合も、まずは全体の構図を決めて、そこに魚がくるのを待つ。そして、できるだけたくさん撮って後から選ぶのがベターとのこと。魚は予想できない動きをするので、動き回るものを追いかけるのはかなり難しいそうです。デジタルカメラの追尾オートフォーカス機能があれば可能なことも、やはりスマホカメラでは限界があるのですね。最初に魚の動きを観察し、その動きを読んで「ここに来い」と狙い撃ちすれば成功率が上がるようです。

ということで、なんとか撮ったのが上の写真です。結局ブレてしまいましたが、空中を飛んでいるような構図を狙ってみました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ